メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

症状から調べる(女性)

女性が不安に陥る症状は、おりものやデリケートゾーンからの嫌な臭いがその代表で 最も多い悩みと思われます。しかし、それ以外にもセックスの後の不正出血など、女性特有の不安になる症状はたくさんあります。

STD(性感染症)は、無症状もしくはあいまいな症状が多く、「今すぐ病院にいななくちゃ!」と感じないものが多いものの、心のどこかで不安に思っている女性も少なくありません。

心配な症状があったら、まずどんな可能性があるのか、どんな検査が必要なのかなどを知って、安心への一歩を踏み出しましょう。

おりものが多い、におう(魚臭い)、かゆい

かゆみやにおいのあるおりものが症状なあなたは、淋病やクラミジア、トリコモナスなどと言った性感染症の他にも膣カンジダ症や細菌性膣症の可能性もあります。総合的に検査をして、原因を調べることをお勧めします。

考えられる感染症

セックス時に痛い

セックスの時に痛みを感じるあなたはSTD(性感染症)の感染により膣や性器付近の粘膜や組織に炎症がおきていて敏感になっている可能性があります。一度しっかり検査をして安心しましょう。

考えられる感染症

セックスの後に少し出血する

セックスの後に少量の出血が見られるのは、ただセックス中の刺激が強すぎて、ということもありますが、子宮頸がんやSTD(性感染症)によって粘膜が弱っている可能性もあります。検査をするなら、子宮頸がんの検査が含まれているものをお勧めします。

考えられる感染症

下腹部が痛い

下腹部が痛いあなたは、セックス後の筋肉痛や刺激による一時的な痛みの場合もありますが、クラミジアや淋病が悪化して腹腔の方にまで炎症を起こしている可能性もあります。激しい腹痛の場合はすぐに病院に行きましょう。

考えられる感染症

性器周辺のイボ

性器周辺のイボは低リスク型のHPVによるものです。これを尖圭コンジローマ と言います。HPVは多重感染(2種類以上に感染すること)しやすいウイルスです。
コンジローマ をおこすHPVに感染しているということは、子宮頸がんの主因となるハイリスク型のHPVにも感染しているかもしれません。イボがあるならハイリスク型のHPV検査も一緒に検査しておくことをお勧めします。

考えられる感染症

性器周辺のしこり

しこりは何らかの炎症によりただリンパ節が炎症により腫れている場合がほとんどですが、梅毒の初期硬結や硬性下疳(こうせいげかん)かもしれません。不安な行為があったのなら、一度梅毒の検査をしておくといいでしょう。

考えられる感染症

性器周辺の水疱や潰瘍

水疱や潰瘍がある場合はヘルペスの可能性があります。

ヘルペスの検査は痛みが強く、自分でするには難しい検査です。病院で検査を受けることをお勧めします。ヘルペスの症状がある場合はすぐに病院を受診しましょう。

考えられる感染症

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up