メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

性器・口唇ヘルペス感染症

性器・口唇ヘルペス感染症について

性器や唇にできるヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(Herpes Simplex Virus:HSV)1型(HSV-1)または2型(HSV-2)の感染によっておこります。

浅い潰瘍や水泡をつくるのが特徴です。

性行為によって感染しますが、唇にできるヘルペスは性行為に関係なくできる事もあります。

ヘルペスは一度体内に入るとは自然にいなくなることはありません。症状が治まると完治したように思えますが、そうではないのです。ヘルペスは神経節と呼ばれる体内の神経が集まる場所に潜んだ状態で、一生存在し続けます。

そして、疲れた時や風邪などで高熱が出た後(体力を消耗した時)に、神経を伝わって皮膚や粘膜に移動して発症します。

ヘルペスウイルス(Herpes Simplex Virus:HSV)が原因
パートナーが性器や唇にヘルペスを発症している時はその部位に大量のウイルスが存在するので、性行為やキスは極めて危険
口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある
水疱や潰瘍がある時期が一番感染率が高いが、無症状の時も感染する可能性はある

性器・口唇ヘルペス感染症の症状

男性の症状

初めて発症するときの症状が一番強くでます。

かゆみ
直径1~2mmの複数の水疱
浅い潰瘍
激しい痛み
分泌物
リンパ節の腫れ、痛み

再発の場合はほぼ同じ部位に症状が見られますが、初めての症状よりは軽いことが多いです。

 

女性の症状

男性同様、初めての発症は症状が強く出ることが多いようです。

浅い潰瘍、水疱
強い痛み
排尿や歩行困難
38度以上の発熱

再発の症状は軽く、潰瘍や水疱が数個できる程度で、再発の頻度は月に数回から年に数回と、健康状態によってばらつきがあります。

性器・口唇ヘルペス感染症の検査

検査のタイミング

水疱や潰瘍からの分泌物やぬぐい液を用いての検査なので、症状がないときは検査は基本的にできません。

ヘルペスかな?と思う症状があったら、症状があるうちに病院に行きましょう。

 

検査方法

分離培養法、蛍光抗体法、イムノクロマトグラフィー、核酸検出法、血清抗体法など色々な検査方法があります。

性器・口唇ヘルペス感染症の治療法

1. 抗ヘルペス剤

アシクロビル錠200mg、バラシクロビル錠500mg、またはファムシクロビル錠250mgの経口投与で治療します。

 

2.点滴

重症の場合は注射用アシクロビルでの治療もあります。

 

3.再発防止

再発防止に抗ヘルペス剤を1年間服用し続ける場合もあります。

その他、塗り薬も使用されることもあります。

 

(参照:性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016)

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up