メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

トリコモナス

トリコモナスについて

原因になるのは膣トリコモナス(Trichomonas vaginalis)原虫という小さな虫です。

若年層だけでなく中高年にも幅広く感染者がみられます。

トリコモナスは膣だけではなく、膣の近くの臓器(子宮頸部、尿道、パートナーの尿道や性器)にも住み着くため、膣のみ治療しても近くの臓器やパートナーから感染を繰り返してしまい、治療が難しいこともあります。

まれに、まだ性行為の経験のない女性や幼児でも、身につけている下着やタオルの汚染、浴室の風呂椅子などから感染してしまうことがあります。

膣トリコモナス(Trichomonas vaginalis)原虫という小さな虫がトリコモナスの正体
粘膜に直接接触することでうつる
性器と性器、汚染されたタオルや下着でもうつる可能性がある

トリコモナスの症状

男性の症状

男性の場合は無症状な場合が多いので、気がつかない間にパートナーに感染させてしまうことがあります。

無症状
尿道のかゆみ・不快感・違和感・痛み
まれに分泌物

尿道にいるトリコモナスは排尿時に流されてしまうことが多いですが、前立腺や精嚢(せいのう)にまで上がると前立腺炎を起こすこともあります。

 

女性の症状

症状はさまざまで、半数ほどの人は半年くらいは無症状なこともあります。感染が長引くと、おりものがふえたり、かゆみが出て来るなどの症状が出始めます。

泡状のにおいの強いおりもの
外陰や膣の強いかゆみ
無症状

トリコモナス感染をすると、膣内の常在菌が減ってしまうので、おりもののにおいが強くなるとも言われています。

トリコモナスの検査

検査のタイミング

 

トリコモナスの潜伏期間は10日前後です。症状がない場合は心配な行為があってから少なくとも10日経ってから検査をしましょう。

 

検査方法

トリコモナスの検査を尿でする場合は初尿を取ることが大切です。検査の方法は病院で検査する場合は、新鮮な分泌物や初尿のなかに動いているトリコモナス原虫を顕微鏡で探します。原虫の量が少ない場合、培養する場合もあります。

特に尿で調べる時は、採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取することが極めて重要です。

 

郵送検査では動いているトリコモナス原虫を確認することができないので、パパニコロウ染色という染色をして顕微鏡で見ます。この染色をすることによって死んでしまったトリコモナス原虫でもはっきりと顕微鏡で確認することができます。
トリコモナス原虫の写真

 

トリコモナスの治療法

5-ニトロイミダゾール系のメトロニダゾール(フラジール錠など)

  • 1日500mg、10日間
  • メトロニダゾールは胎盤を通過して赤ちゃんへも作用してしまうため、妊娠中は基本的に使わない
  • ピンポン感染を繰り返すため、パートナーと同時期に治療をすることがとても大切
  • 治療後は完治確認検査をする

トリコモナス用検査キット

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up