メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

尖圭コンジローマ(イボ)

尖圭コンジローマ(イボ)について

コンジローマはHPVというウイルスの6型と11型によってイボができる性感染症です。

コンジローマとは

*感染後3週間から8ヶ月の潜伏期間があり、その後にイボの症状を発症
免疫力で自然に排除されて、イボがなくなることもある
*一時的にイボが消えても、皮膚にウイルスが存在していると免疫力が落ちたときに再発することもある
HPV感染だが、がんになるハイリスク型とは違う型
*クリームやその他の治療方法があるが再発しやすい

コンジローマ型のHPV(6型と11型)は子宮頸がんや咽頭がんなどに進行する危険度は低いですが、HPVは重複感染をしやすいウイルスです。つまり、1つの型のHPV感染していると言うことは、他の型にも感染している可能性があります。イボがある場合は同時にハイリスク型のHPVに感染している可能性もあります。

*イボがなくてもハイリスク型のHPVに感染します。

 

コンジローマ感染予防

コンジローマはセックスをする限り、感染予防を完全にすることはできません。少しでもリスクを下げるために以下のことを心がけてみましょう。

*不特定多数のパートナーとセックスをせず、特定のパートナーとのみセックスをする
セックス前にお互いに確認する
*コンドームでの予防が難しいため、セックス後に皮膚を清潔にする
*万が一感染があった場合に排除されやすくするために、免疫力を高める日常生活をする

 

尖圭コンジローマHPVとハイリスクHPVの違い

イボも子宮頸がんもHPVに感染することにより発症します。

HPVは100種類以上の型があり、コンジローマ型のHPVとハイリスク型(がんの原因になるタイプ)は違う型です。

尖圭コンジローマのHPV:6型と11型

子宮頸がんや咽頭がんの主因となるHPV:16型と18型が70%程度で、その他15種類以上のハイリスク型HPVが今現在見つけられています。

尖圭コンジローマのHPVはイボというわかりやすい症状がありますが、それが悪化してがんになるのではなく、イボはイボのままです。主に、性器周辺の皮膚にイボができるので気が付きやすいです。

それに比べ、ハイリスク型のHPVはイボのような症状はなく、平面的にで肉眼では変化が分かりません。がんが進行し、組織が壊れ始めるまでほとんど症状はありません。しかも目で見える皮膚ではなく体の中の粘膜の部分に感染するので、検診をしない限り早期に見つけることは困難です。

ハイリスク型HPVについて詳しくは「ハイリスクHPV感染について」をご覧ください。

尖圭コンジローマ(イボ)の症状

男性の症状

陰茎、尿道口付近、亀頭、カリの部分(冠状溝)、陰嚢、肛門など発症部分はウイルスの触れた部分にできます。

いぼ(肌色から褐色)
軽いかゆみ

一般にイボ状と表現しますが、鶏のトサカのような、またはカリフラワーの表面のような形をし、時には巨大になることもあります。

 

(注意:これ以下閲覧注意な写真あり)

 

 

男性の亀頭部分にできたコンジローマ

男性の亀頭部分にできたコンジローマ(イボ)コンジローマはイボ状で、表面は光沢がなくザラザラした感じで、大きさはまちまちです。
(写真提供:産業医科大学泌尿器科松本哲朗教授のご厚意による)


尖圭コンジローマと間違いやすいフォアダイス

尖圭コンジローマと間違いやすいフォアダイスイボ状で、表面はつるつるした肌色で、中は若干黄色味を帯びています(脂肪)。若い男性で多く見られます。(写真提供:髙橋クリニック髙橋知宏院長のご厚意による)

※フォアダイスは、感染症ではなく口唇や陰部などの表皮下に現れる独立脂線のことで、いわゆる生理現象の一つです。性行為の有無は関係ありません。

 

女性の症状について

大・小陰唇、膣前庭、膣、周辺にイボができます。また肛門の周囲や尿道口にもイボができることがあります。

いぼ(肌色から褐色)
軽いかゆみ

一般にイボ状と表現しますが、鶏のトサカのような、またはカリフラワーの表面のような形をし、時には巨大になることもあります。

尖圭コンジローマ(イボ)の検査

検査のタイミング

いぼの症状がある場合

イボがある場合は検査はいつでも大丈夫です。

いぼの症状がない場合

コンジローマの検査は基本的にイボが目視できるできる場合に行います。
現在イボはないけれど、パートナーにイボがありどうしても不安な場合は、心配な性行為から3週間以上たっていれば検査は可能です。

 

検査について

遺伝子検査

PCR法にてコンジローマ型のHPVの感染があるかどうかだけではなく、なに型に感染していることもわかります。アイラボではPCR法にてコンジローマの検査をしています。

組織検査

イボの部分を切除して組織検査をする方法です。

 

イボのHPVとがんの原因になるHPV

コンジローマ型のHPV(6型と11型)は子宮頸がんや咽頭がんなどに進行するリスク(危険度)は低いと考えられていますが、HPVは重複感染をしやすいウイルスです。つまり、1つの型のHPV感染していると言うことは、他の型にも感染している可能性があります。

イボが確認される場合はコンジローマ型のHPVに感染があると言うことなので、子宮頸がんや咽頭がんとの関係が強いハイリスク型が同時に感染している可能性もあります。検査をするときはコンジローマだけでなく、ハイリスクHPVも同時に検査しましょう。

 

コンジローマの検査ができるアイラボの検査キット

女性用:

コンジローマ検査
HPVタイピング検査(ハイリスク+コンジローマ)

男性用:

男のコンジローマ検査
男のHPVタイピング検査(ハイリスク+コンジローマ)

尖圭コンジローマ(イボ)の治療法

イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム)

・1日おきに週3回薬を塗り、6〜10時間後に石鹸で洗い流す

・最長16週間治療が続くこともある

・塗った部分が赤くなる副作用が起こる場合がある

 

凍結療法

・液体窒素を含んだ綿棒を数秒間、数回押し当てて凍結壊死(とうけつえし:その部分の細胞が死ぬこと)させる

・痛みはあるが麻酔は必要のない程度

・小さなイボにのみ効く

・数週間かかることもある

 

レーザーによる外科的療法

・外科的にその部分を切り取ってしまう方法

・局所麻酔が必要

・治癒は早いが手術扱いになる

 

などがあります。

3ヶ月以内に25%の症例で再発するため、治療後3ヶ月まではきちんとフォローアップを受けましょう。

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

尖圭コンジローマ(イボ)用検査キット

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up