メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

クラミジア

クラミジアについて

クラミジアの正式名は、Chlamydia trachomatis クラミジア トラコマティスといいます。

性行為に関係のある性感染症(性病)を代表する病原菌です。

クラミジアは組織の表面で増えるのではなく、尿道や子宮の入り口(子宮頸部)の細胞に感染し、感染した部位の細胞の中に入り込まないと増えることができません。

クラミジアに感染することで、不妊症やHIVなどのリスクが高まります。感染していても症状が出ないこともあるので、安心してはいけません。

クラミジアトラコマティスという病原体がクラミジアの正体
粘膜に直接接触することでうつる
口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある

 

クラミジアの症状

男性の症状

クラミジアによる尿道炎は、淋菌による尿道炎ほど排尿痛はひどくなりませんが、感染後1週間が経ったころから尿道の違和感や軽い痛み、かゆみなどの不快感を訴えるようになり、ペニスを根元から亀頭に向けてしごくとネバネバした「うみ」がでてくることもあります。

尿道のかゆみ・不快感・違和感・痛み
うみ
微熱
無症状

ほとんどの場合は「自覚症状が軽い」ので、病気をそのまま放置してしまい、大切なパートナーにクラミジアをうつしてしまう危険性があります。

 

女性の症状

女性の場合は男性よりも更に症状が現れにくく、かなり長い期間クラミジアの感染に気付かないことも少なくありません。

長期にわたって感染が続くと、感染部分の慢性的な炎症が原因で組織が傷つき、不妊症になってしまったり、早産や流産の原因になってしまうこともあります。

さらさらした水っぽいおりものが増える
性交後の軽い出血
性交痛
下腹部の痛み
無症状

 

女性性器クラミジアが引き起こす合併症

クラミジアは、子宮の入り口の細胞に感染し、そこで増殖を繰り返すので慢性的に炎症を起こしている状態になります。

既にご説明したように、クラミジアは、子宮の入り口の細胞に感染し、そこで増殖を繰り返すので、感染部位は慢性的に炎症を起こしている状態になり、性交時に痛みを感じる性交痛や、接触性性器出血(炎症を起こしている部位が男性性器に触れるだけで容易に出血しやすくなる)を起こしやすくなります。

さらに、クラミジアの感染が広がると、子宮内膜炎による不正性器出血・流産・早産、卵管炎に伴う卵管の癒着(ゆちゃく)や卵管が閉じてしまうことによる不妊症や子宮外妊娠、さらに腹腔内への感染の広がりによる肝周囲炎等、様々な合併症を引き起こします。

女性性器クラミジアが引き起こす合併症

不正出血

月経のある女性では、ホルモンの状態や様々な病気によって、月経以外の時期に出血することをいいます。

  • 炎症が引き金
    性器クラミジアなどの感染症、閉経後膣の粘膜が薄くなった時(萎縮性膣炎)
  • ホルモンの状態
    中間期出血(病気ではない)、卵巣や子宮体がんで女性ホルモンが上昇、月経異常
  • 腫瘍
    進行した子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん
  • 妊娠に関係したもの
    子宮外妊娠、流産

クラミジア感染による不妊症や子宮外妊娠

子宮内膜に炎症があるために、受精卵が着床できずに不妊症になる場合もあります。

また、卵管は精子や受精卵の通り道ですが、炎症が起こると受精卵を運ぶ役目の線毛がなくなり、卵管に癒着(ゆちゃく)が起きて狭くなるので、精子が通過できずに不妊症になってしまう事もあります。

そして、もし精子が通過できたとしたら、その先で受精は起こることがあります。しかし、通常卵管をとおって子宮の中まで降りてくる受精卵はその癒着してしまったところを通過できず、卵管に着床してしまいます。それが卵管妊娠(子宮外妊娠)というもので、母体にとって大変危険な状態になります。

肝周囲炎(フィッツ ヒュー カーチス症候群)とは

クラミジアは先ず子宮の入り口の子宮頸部の細胞に感染しますが、徐々に子宮体部→卵管→腹腔へと広がります。おなかの中に広がると肝臓表面に達し、そこで炎症を起こします。

それが肝周囲炎(フィッツ ヒュー カーチス症候群)で、急激な腹痛を起こします。

産道感染とは

出産の時に母親がクラミジアに感染していると、赤ちゃんが産道(膣)を通る時に感染して結膜炎や鼻炎、肺炎を起こします。そのため、通常はお産の前に感染があるかどうか検査をします。そして感染がある場合は出産前に治療します。

 

 

のどの症状

のどの感染ではさらに症状が乏しく、気がつかないことがとても多いので、オーラルセックスにより感染が広がる、もしくは再感染してしまうことがあります。

のどの痛み、腫れ
無症状

のどの治療には時間がかかります。しっかりと根気強く治しましょう。

クラミジアの原因・経路

外陰部、陰茎や亀頭部分は皮膚と同じ重層扁平上皮(じゅうそうへんぺいじょうひ)で覆われていますので基本的にその部位の感染はしないとされています。

膣や尿道の中にある粘膜上皮や扁平上皮化生細胞(へんぺいじょうひかせいさいぼう)というとても弱い細胞にクラミジアは感染します。

クラミジアの細胞像クラミジアはこの細胞の中に入り込んで、72時間(3日)かけて増えます。増殖したクラミジアの集まりが星雲状封入体です(写真)。細胞の中で増えたクラミジアが満杯になると、細胞がパンクして、クラミジアが周囲にばらまかれます。

3日ごとにこれを繰り返しますので、尿道全体に広がったり、女性の場合は徐々に子宮頸部からさらに奥の子宮内膜や卵管、最終的には腹腔へと上向きに感染が広がっていきます。

 

感染経路としては尿道口や膣の入り口にクラミジアが付着することですので、ゴムなしのセックスは勿論のこと、フェラやスマタという行為も感染の危険性があります。

感染を予防するためには、それら行為の前からコンドームを正しく装着することですが重要です。

クラミジアの検査

検査のタイミング

クラミジアは感染した細胞の中で3日かけて増え、その後大量のクラミジアが尿道や子宮頸管内に放出され感染が拡大します。従って、症状が出始めるのは一般に1週間から10日程かかります。

検査の時期は症状がある時はその時点でよいのですが、症状がない場合は1週間経ってからがよいでしょう。

分泌物(うみ)を確認する際はできれば朝、排尿前に尿道に溜まった分泌物をとって調べるのが望ましいでしょう。

 

検査するタイミングはかんせんごから1週間以上たってからが確実です

 

検査方法

検査の方法は遺伝子検査が主流で、日本ではPCR法とSDA法が広く普及しています。これらの方法は極めて感度が高く、綿棒採取検体、尿、うがい液などで調べます。

尿道炎や膿などの症状がある場合、クラミジアは大量に存在するため、いずれの方法でも採取しても正しい結果が出ます。しかし、症状が乏しいケースや症状が全くない時は、検体の採取は慎重に行われなくてはなりません。

特に尿で調べる時は、採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取することが極めて重要です。多く採取すればするほど感度は低下します。

 

検査 しょにょう 中間尿 尿検査の仕方

 

クラミジアに感染してても、結果が陰性になる理由

クラミジアの治療法

1. マクロライド系抗生物質(ジスロマック、ジスロマックSR、エリスロマイシン、クラリス、クラリシッド)などがあります。

ジスロマックの成分一般名はアジスロマイシンで、新しい抗生物質です。

その特徴は以下の通りで、現在クラミジアの治療薬として最も使われています。

  • エリスロマイシンにみられる胃酸による不活化を受けない。
  • 感染部位で高い抗菌濃度が保たれる。
  • 血中半減期が長いため、1日1回3日間の服用で1週間から2週間効果が持続する。
  • 抗菌作用のみならず抗炎症作用もある。

 

2. キノロン系抗菌剤(クラビット、タリビット、アベロック)

 

3. テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン、ビブラマイシン、アクロマイシン)

などがあります。

 

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

クラミジア用検査キット

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up