メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

淋病(淋菌)

淋病(淋菌)について

淋病とは

*淋菌(Neisseria Gonorrhoeae:ナイセリア ゴノリア)の感染で起こる性感染症
*淋菌が直接粘膜に付着することで感染する
*一度のセックスで淋病に感染する確率は30%と高い(相手に淋病感染があった場合)
*淋菌に感染した人の20~30%はクラミジアにも感染している
男性は比較的症状が分かりやすい
女性や咽頭の感染は症状が分かりにくい
喉にも感染する
不妊症、早産や流産の原因にもなることがある
薬剤耐性の淋菌が増えているため、治療は医師の指示に従って一度でしっかり完治することが重要
産道感染により赤ちゃんが結膜炎になってしまうことがある

 

淋病の感染予防

セックスをする限り、淋病の感染予防を完全にすることはできません。少しでもリスクを下げるために以下のことを心がけてみましょう。

*不特定多数のパートナーとセックスをせず、特定のパートナーとのみセックスをする
セックス前にお互い性感染症(性病)検査をして感染がないことを確認する
コンドームをなるべく早い段階で着用する(フェラチオやクンニ、すまたでも感染します)

淋病(淋菌)の症状

男性の症状

感染してから数日から1週間以内に激しい排尿時の痛みを感じ、尿道から膿(うみ)が出てくるのが特徴です

排尿時の激痛
尿道から少量~大量の黄白色~白色の膿み

治療しないで放置すると精巣上体炎を起こし、陰嚢が大きく腫れて痛みを伴い、時には歩行困難になることもあります。男性不妊の原因にもなります。

 

女性の症状

男性に比べると症状は乏しく、全く症状がないこともあります。いつ感染したのかわからないこともあり、気がつかないうちに重症化してしまうことも稀ではありません。

おりものが増える
不正出血(生理の時以外に出血があること)
外陰や尿道付近の腫れと痛み
無症状

変化がわずかなため、クラミジアやトリコモナスなどの他の性感染症と症状が似ています。検査をしてみないと何に感染しているかの鑑別は難しいです。

 

のどの症状

のどの感染では女性よりもさらに症状が乏しく、気がつかないことがとても多いので、オーラルセックスにより感染が広がる、もしくは再感染してしまうことがあります。

軽度ののどの痛み、腫れ
無症状

性器に淋菌の感染があるひとのうち10~30%の人に、のどの感染も見られます。性感染症(性病、STD/STI)が心配な行為があ流場合は咽頭の検査も一緒にしましょう。

 

淋病(淋菌)の検査

検査のタイミング

症状がある場合

今すぐに検査可能です

症状がない場合

心配な行為があってから1週間経ってから検査可能です

 

淋菌に感染した人の20~30%はクラミジアにも感染しています。治療が異なるのでクラミジアの検査も一緒にしましょう。

*(参照:日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016)

 

検査方法

淋病の検査材料

男性尿道:尿道ぬぐい液、尿(初尿)
女性:膣ぬぐい液
咽頭:うがい液、喉ぬぐい液

 

病院での淋病検査

医師の指示に従って検査材料の採取をします。採取された検査材料は検査機関で検査が行われます。症状がある場合は健康保険の適用になる場合もありますが、症状がない場合は健康保険の適用にならない場合もあります。

保健所での淋病の検査

担当者の指示に従って検査材料の採取をします。採取された検査材料は検査機関で検査が行われます。ほとんどの保健所で無料で検査が受けられます。

アイラボの検査キットで淋病の検査

検査キットを使って自分で分泌液や尿、うがい液などの検査材料をとります。その検査材料をアイラボに送り、検査します。アイラボは病院からの検査も請け負っている登録検査所なのでご安心ください。

 

男性の場合、尿道分泌物(膿み)がある場合、膿のなかに淋菌は大量に存在するため、できれば朝一番の排尿前に尿道に溜まった分泌物をとって調べるのが一番よい検査材料が取れます。

尿で調べる時は、採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取することが極めて重要です。初尿をしっかり取れないで中間尿を多く採取してしまうと、淋菌の量が減ってしまい検査の感度は低下します。

病院や保健所で採取する場合は特に採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取すること気をつけましょう。

 

淋病 初尿

 

淋病なのに検査では淋病の感染はないという結果になってしまう説明

 

淋病の検査ができるアイラボの検査キット

女性用:

おりもの&においの検査
婦人科トータルセルフチェック
オシャレな貴女のパスポート(膣と咽頭の検査ができます)

男性用:

男のリン・クラチェック
尿道と咽頭のリン・クラチェック(尿道と咽頭の検査ができます)
男のパスポート(尿道と咽頭の検査ができます)

咽頭用:

咽頭のリン・クラチェック

 

淋病(淋菌)の治療法

セフトリアキソン(ロセフィン)

  • 点滴により静注投与
  • 一回の治療で効果がある
  • 咽頭(のど)の感染にも同じ効果がある

 

スペクチノマイシン(トロビシン)

  • 点滴により筋肉投与
  • 一回の治療で効果がある

 

などがあります。

薬剤耐性の淋菌が増えているため、治療は医師の指示に従って一度でしっかり完治することが重要です。

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

淋病(淋菌)用検査キット

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up