メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

淋病(淋菌)

淋病(淋菌)について

淋病の原因となる菌は、淋菌(Neisseria Gonorrhoeae:ナイセリア ゴノリア)です。

主に男性の尿道炎、女性の子宮頸管炎を起こしますが、最近ではオーラルセックスによるのどへの感染も多く見られています。

女性に感染した場合、早産や流産、不妊症の原因にもなることがあります。

男性の症状ははっきりしていますが、女性やのどの感染は自覚症状がとても少ないため、オーラルセックスや風俗の利用を通して、知らないうちに広まっていることが多い病気です。

淋菌という病原体が淋病の正体
粘膜に直接接触することでうつる
一回の性行為でうつる可能性は30%と感染率が高い
口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある

淋病(淋菌)の症状

男性の症状

男性の場合、自覚症状がはっきりしていて、尿道炎による激しい排尿痛を訴えます。

排尿時の激痛
尿道から少量~大量の黄白色~白色の膿(うみ)

感染してから数日から1週間以内に激しい排尿時の痛みを感じ、尿道から膿(うみ)が出てくるのが特徴です。

尿道炎を起こす性感染症(性病、STD/STI)にはクラミジアやマイコプラズマなどありますが、症状は最も激しいのが男性の淋病です。

治療しないで放置すると精巣上体炎を起こし、陰嚢が大きく腫れて痛みを伴い、時には歩行困難になることもあります。

 

女性の症状

男性に比べると症状は乏しく、全く症状がないこともあります。

いつ感染したのかわからないこともあり、気がつかないうちに重症化してしまうことも稀ではありません。

おりものが増える
不正出血(生理の時以外に出血があること)
外陰や尿道付近の腫れと痛み
無症状

クラミジアやトリコモナスなどの他の性感染症と症状が似ていることがあるので、検査をしてみないと何に感染しているかの鑑別は難しいです。

産道感染により赤ちゃんが結膜炎になってしまうことがあります。

 

のどの症状

のどの感染では女性よりもさらに症状が乏しく、気がつかないことがとても多いので、オーラルセックスにより感染が広がる、もしくは再感染してしまうことがあります。

軽度ののどの痛み、腫れ
無症状

性器に淋菌の感染があるひとのうち10~30%の人に、のどの感染も見られます。性感染症(性病、STD/STI)が心配な行為があったらのどの検査も一緒にしましょう。

 

淋病(淋菌)の検査

検査のタイミング

症状が出始めるのは一般に数日から1週間程度かかります。症状がある場合は直ぐに病院に行きましょう。症状がない場合は1週間経ってからがよいでしょう。

実は淋菌に感染した人の20~30%はクラミジアにも感染しています。治療が異なるのでクラミジアの検査も一緒にしましょう。

*(参照:日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016)

 

検査方法

検査の方法は遺伝子検査が主流で、日本ではPCR法とSDA法が広く普及しています。これらの方法は極めて感度が高く、綿棒採取検体、尿、うがい液などで調べられます。

尿道炎や膿などの症状がある場合、淋菌は大量に存在するため、いずれの方法でも採取しても正しい結果が出ます。

しかし、症状が乏しいケースや症状が全くない時は、検体の採取は慎重に行われなくてはなりません。

特に尿で調べる時は、採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取することが極めて重要です。多く採取すればするほど感度は低下します。

 

初尿と中間尿の違い

 

淋病なのに検査では淋病の感染はないという結果になってしまう説明

 

淋病(淋菌)の治療法

1. セフトリアキソン(ロセフィン)

  • 点滴により静注投与
  • 一回の治療で効果がある
  • 咽頭(のど)の感染にも同じ効果がある

 

2. スペクチノマイシン(トロビシン)

  • 点滴により筋肉投与
  • 一回の治療で効果がある

 

などがあります。

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

淋病(淋菌)用検査キット

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up