メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

茶色いおりもの 肌着についていて気になっていますか?
茶色いおりものは体からのサイン。でも、どんなサインなのでしょう。あなたの体は、あなたに何を伝えようとしているのでしょうか。

茶色いおりものから考えられる、体の状態をみてみましょう。

 

茶色いおりもの その正体は?

茶色いおりものの正体はずばり、古い血液です。茶色いので血液ではないように見えますが、出血後時間が経って酸化した血液はだんだんと茶色味を帯びてきます。

血液の量が少ないとさらにその色は変化し、濃い黄色に見えることもあります。逆に茶色を通り過ぎて黒っぽく見える場合もあります。

濃い=奥からの出血という認識も完全に間違えではないのですが、奥から、というより時間がより経ったものと考える方が正しいでしょう。

逆に膣や外陰部など下着に触れやすい部分からの出血はすぐに見えるので赤に近い色が多いですが、奥からの出血でもすぐに排出された場合は赤みを帯びることがあります。

検査士ダイアリー 茶色いおりもの

 

茶色いおりもの 性周期に関係しているもの

みなさんがよく見かける茶色のおりものは生理の終わりが一番多いでしょう。最後のだらだらと続く茶色い出血は「早く終わって!」と思いますよね。それはまさに生理による出血が止まったあと、子宮や膣の中から出てくるのに時間がかかって酸化した血液なのです。

その他の出血によるもので問題のないものは、以下の様な事が原因となります。

 

排卵時出血

中間期出血とも言います。毎月ホルモンが変化することによって排卵と生理が起こりますが、このホルモンの変化により少々出血することがあります。特に排卵の時期は急激にホルモンが変わるので出血することも多くあります。正常のサイクルとしてよくあることですが、あまりにも出血量が多かったりつらい、不安、というときはホルモンバランスの乱れなどもあるので産婦人科医に相談しましょう。

 

着床出血

こちらは妊娠をした場合の出血です。精子と卵子が受精して子宮の中に着床をすることによって、母体は妊娠を認識して絨毛やその他、赤ちゃんを育てる準備をするホルモンが急激に増えます。この時期にも出血がよくみられます。排卵時出血よりは遅く、生理の予定日に近い頃に数日軽い出血をすることがあります。ピンク色のおりものからしっかりと赤や茶色のナプキンが必要なくらいの出血があるなど人によって様々です。

 

茶色のおりもの セックスに関係するもの

出血がみられるおりものには性感染症やセックスの刺激による出血も考えられます。

 

セックス時に傷がついた

セックスの時はいくら優しくしても膣の中はとても弱い組織でできているので傷ついてしまうことがあります。その時は出血していないように見えても、時間が経ってからじわじわと血が滲み出てきて、それが茶色いおりものとなることがあります。

 

性感染症

クラミジア淋病といった性病(性感染症)に感染していると膣や子宮頸部の組織は炎症を起こし、出血しやすい状態になっています。その状態でセックスをするとその刺激により出血を起こすことがあります。炎症が強い場合セックスをしなくても出血をすることもあります。

 

茶色のおりもの 産婦人科に行くべき不正出血

茶色のおりもので一番心配なのは病気による不正出血です。不正出血がある場合はかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

 

子宮内膜症

本来は子宮の内膜(受精卵が着床する部分)の細胞が子宮内膜以外の卵管や卵巣、子宮組織内部などにできてしまうもので、生理の時期にはその部分の細胞も剥がれ落ちようとするので出血を起こします。子宮以外のところからの出血なので、生理と少しずれた時期に出血することもあります。子宮内膜症は月経困難症を起こし生理がとても辛かったり、また出血が体の外に排出されずに組織の中に溜まってとても痛かったりします。

 

子宮頸がん

ハイリスクHPV感染によって子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんです。がんの進行が進み組織の壊死(腐敗すること)により粘膜が崩れます。その際に出血します。ただし、初期の子宮頸がんでは壊死が起こらないので、不正出血が起こりにくいと言われています。

 

子宮体がん

子宮体がんは子宮の内膜(受精卵が着床し赤ちゃんが育つ部分)にできるがんです。通常は毎月の生理により表面が剥がれてしまうので生理のある人には起こりにくいがんです。閉経後の不正出血の場合、子宮体がんが心配されます。ただし、最近では生理のある若い女性でも子宮体がんが見つかっているので、不正出血があったら子宮体がん検査について産婦人科の先生と相談をしましょう。

 

卵巣がん、その他のがん

卵巣がんやその他のがんにより腹腔内に出血がある場合、卵管からその出血が子宮内をとおって出てくる場合があります。

 

子宮ポリープ

ポリープは子宮の表面の細胞が増殖してしまう病気です。一般的には良性ですが、がんが潜んでいる場合もあります。

 

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉にこぶができてしまうもので良性ですが、大きさや場所によっては痛みや出血、また不妊症の原因となってしまうことがあります。

 

茶色いおりもの まとめ

茶色いおりものは出血があることをあなたに教えてくれています。それがどこなのか、そして何が原因なのかは色合いだけで判断することはなかなかできません。生理や妊娠に関連した出血ではない場合は一度婦人科の先生に相談しましょう。

子宮頸がん検査性病(性感染症)の検査おりものの検査アイラボの郵送検査でも検査することができます。ただ、不正出血がある場合は細胞や感染症の検査だけでなく、医師に問診、内診、検査を総合的にしてもらう必要があるので茶色いおりものが気になるようになったら、一度産婦人科を受診しましょう。

気になったらまず検査!

こちらの記事を読んで気になった方へのおすすめ検査キットはこちらです。
自宅でご自身で採取出来、病院に行けなくても安心して検査が受けられます。