おりもの

そろそろ気になるよねぇ〜、デリケートゾーン:正しい知識で女子力アップ!

デリケートゾーンの悩み 正しい知識で女子力アップ

梅雨も本格的になってきて、ジメジメ絶好調ですね。

こうなってくると、気になるのがデリケートゾーンのムレ、かゆみ、におい。皆さんはまだ大丈夫ですか?

ジメジメとした湿気の多いこの時期、ずっと座ってデスクワークをしていたり、暑い中ストッキングを履いてのお仕事、ちょっと立ったり歩いたくらいではムレが解消できるほどの換気はできないですよね。

デリケートゾーンのかゆみやにおいは、多くの場合は雑菌の繁殖で起こります。そしてその雑菌の繁殖の原因はなんといってもムレ。外陰部はもともと湿っていて、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい場所ではあるのですが、それにこの外気の湿気、汗、通気性の悪い服などが重なると、大変なことになってしまいます。

今日はそんなムレ対策をして、においやかゆみ、おりものが気にならない爽やか女子でいられるように、女子力アップな記事にしたいと思います。

デリケートゾーンのムレ対策

  1. 肌着を臨機応変に:今はドライ素材の肌着も多く出ていますよね。確かにサラサラして気持ちがいいですが、敏感肌の私には肌への刺激が強すぎて余計にかぶれてしまうことがあります。日中はドライ素材でムレを防ぎ、お家ではコットン素材で肌を休ませるなど、臨機応変に使い分けて行くといいですね。
  2. 風通しのいい服:私もよく着ます、スーツやきちんとした仕事着。ストッキングにパンツにとどうしようもない時もありますが、少し崩せる時はワイドパンツやスカートで少しでもムレ対策をしましょう。いつもスーツでなくてもいい女性は、ある意味クールビズ、しやすいですよね。かわいいワンピースや麻素材のきちんと服でこっそりデリケートゾーンのムレ対策をしましょう。
  3. かゆみ止めなどを使わない:痒いとどうしてもかゆみ止めなど使いたくなりますよね。でも、保湿をしてしまうことで余計にムレたり、保湿剤という「異物」がデリケートゾーンに付着することによって、それを排除しようと逆にもっとおりものが増えたりします。なるべく清潔を保って自然な状態でいるのが一番です。
  4. パンティーライナーを使わない:今はやりの布ナプなどで、綿素材のパンティーライナーならいいかと思いますが、市販の使い捨てのものはとにかくムレの原因そのもの。パンティーライナーを使うのが必要なほどおりものが気になるのであれば、おりものにおいの検査で一度原因をしっかり調べましょう。
  5. ストッキングはなるべく通気性のいいものを:肌着と違ってストッキングはドライ素材のものに限る!!と私は最近の通気性のいいストッキングに大興奮です(笑)ストッキングを履かざるを得ない女性のためにも、通気性のいいストッキング、どんどん開発していただきたいですね。

おりものがきになる!でも逆効果なこと

  1. デリケートゾーン用の石鹸で洗いまくる:デリケートゾーン用のソープだからと言って過剰に使うのは良くありません。デリケートゾーンを守ってくれる一番の仲間は皮膚の常在菌。石鹸で洗うことによって、その常在菌まで流してしまいます。皮膚のベタつきなどが気になるときは、ぬるま湯でさっと流す程度が一番いいですね。
  2. 膣洗浄:おりものが出てくるから、膣の中から洗ってしまえばいいはず!膣洗浄商品の説明を見ると、そう思ってしまいますよね。でも実は、膣洗浄が一番逆効果なのです。先ほど石鹸で洗いすぎるのは良くないと言いましたが、まして膣の中を洗浄してしまうと、今度は外陰部だけでなく膣の中を守っている常在菌まで追い出してしまうことになり、外部からの雑菌の侵入を防げなくなってしまいます。そうして侵入した雑菌は膣の中でもっと繁殖して細菌性膣症を起こしてしまいます。細菌性膣症はより多いおりもの、においの強いおりものの原因となります。気をつけましょう。

ムレ対策以外にデリケートゾーンの健康のためにできること

  1. 体をしっかり休める:雑菌から体を守るのはやっぱりからだの免疫力次第。疲れた体では、免疫力も落ちてしまい、このジメジメした時期に繁殖する雑菌に負けてしまいます。しっかりと休んで、免疫力を高めましょう。ちゃんと休むこと、睡眠をとることは美肌効果も抜群ですよ!
  2. 糖分の摂取を控える:糖分は皮膚に繁殖する雑菌の大好物です。甘いものをいっぱい食べて、その糖分が血流に乗っていることで、肌の表面の糖分度もあがります。それは、ムレて雑菌が繁殖しているデリケートゾンに餌をまいているようなものです。また、その糖分は常在菌にはとても有害で、常在菌の作用を弱めてしまいます。私もスイーツは大好きです。でも、少しでもデリケートゾーンの悩みから解放されるために、「今日はもう十分スイーツは食べた」と納得するようにしています。「食べちゃダメなのに」と思って食べると満足しなから続かないので、「今日は十分食べて満足!」と自分に言い聞かせていきましょう!もちろん、糖分取りすぎはダイエットにも良くないしね!
  3. 水分を取りすぎない:この時期、熱中症などあるため水分摂取はもちろん大切です。でも、過度の水分摂取は肌表面の細胞に炎症を起こすとも言われています。アトピーの方はよくご存知だと思いますが、肘や膝の内側などアトピー好発部位の皮膚は特に過剰な水分によることが多いようです。デリケートゾーンの痒みが気になったら、ちょっと水分を控えてみてもいいかもしれません。くれぐれも、熱中症にならない程度にバランスをとって!!
  4. 常在菌を育てる:今はやりの乳酸菌。腸内の常在菌を健康な状態に保っておくことで、下着内の雑菌(はっきり言ってしまうとお尻からの外陰部、膣への雑菌の侵入)が軽減できるとも言われています。腸内環境はお肌の状態にも直結しています。お通じもよくなってお腹もスッキリするし、乳酸菌をとって損することはない!

ムレる時期のデリケートゾーン対策で女子力アップまとめ

今回は、デリケートゾーンのケアをご紹介しました。少しでも快適に、そして、すこしでもにおいやおりものに悩まされない健康なデリケートゾーンのために、デリケートゾーンのムレ対策、是非試してみてくださいね。

ポイントは、

  • 清潔を保つために通気性のいい服装や肌着を選ぶこと
  • デリケートゾーン用の石鹸やパンティーライナーなどを過剰に使わずなるべく自然でいること
  • 肌の常在菌を大切にすること

です。皆さんも、このジメジメの時期、そんなことに悩まされずいつも通り、かわいくキラキラと過ごしましょう!

どうしてもおりものやにおい、痒みが気になったら一度検査をして原因をはっきりさせましょう。

カンジダ クラミジア 淋病 おりもの におい 郵送検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら