メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

淋病検査キットをお探しですか?

淋病やクラミジアの検査は病院に行かなくても自宅で簡単にできます。
性感染症が不安、と思ったらまずは自宅から始める簡単検査でその不安を取り除く第一歩を踏み出しましょう。

検査士ダイアリー 淋病検査キット

淋病検査キット:種類

自宅から簡単に始められるアイラボの淋病検査キットは、女性用、男性用、咽頭用と性感染症検査に必要な種類や組み合わせが充実いています。

淋病検査キット:女性用

女性用検査キットは通常、膣の分泌液を採取して検査をおこないます。アイラボの検査キットの場合は加藤式自己擦過法採取器具というタンポンのような形の採取器具を使って膣の分泌物や細胞を採取します。

加藤式自己擦過法採取器具の詳しい使い方はこちらの『女性用採取方法(加藤式)』をご覧ください。

女性用淋病検査を含むおすすめの検査キットはおりもの&においの検査です!

kit013 おりもの&においの検査
おりもの&においの検査はこちらから

KIT013: おりもの&においの検査

おりものの原因は、膣内フローラの乱れによる感染症が多く見られます。
膣カンジダや細菌性膣症といった膣内フローラの乱れによる感染症に加え、淋病やクラミジアといったSTD(性感染症)も一緒に調べられる検査キットです。

性感染症はどれも症状がほとんどなく、似ています。淋病かな?と思っても、淋病だけの検査をするともしかしたら他の感染症を見逃してしまうこともあります。淋病検査をしたいと思った時は、その他の感染症の検査も一緒にしておくとより安心できますね。

淋病検査キット:男性用

男性用検査キットは尿道の分泌液と尿(初尿)を採取して検査を行います。男性の性感染症は尿道から分泌物をより効果的に採取するために細い医療用綿棒を尿道に少しだけ入れて、その分泌物を採取するとより検査の感度が上がります。

でも、綿棒を尿道に入れるのが怖いという方は尿だけでも検査ができます。ただし、初尿を採取することがとても大切なので『男性用採取方法』をしっかりと確認して、初尿のとりかたをしっかり理解してから採取することが大切です。

男性用淋病検査を含むおすすめの検査キットは男のリンクラチェックです!

kit105 男のリンクラチェック
Kit105 男のリンクラチェックはこちら

Kit105 男のリンクラチェック

尿道の淋病とクラミジアの検査ができるキットです。
エチケット検査としてもお気軽にご利用いただけます。

男性も女性同様に性感染症はどれも症状は似ています。淋病かな?と思っても、淋病だけの検査をするともしかしたら他の感染症を見逃してしまうこともあります。淋病検査をしたいと思った時は、クラミジアの検査も一緒にしておくとより安心できますね。

淋病検査キット:のど用

なぜのど(咽頭)の淋病検査がする必要があるの?と思われますよね。

性感染症はオーラルセックスによって口腔内やのどに感染することがあるのです。のどに感染があることに気が付かずにオーラルセックスを続けることで、性器とのピンポン感染が続き、性病が広がってしまうのです。

オーラルセックスを含めたセックスをする場合、膣や尿道といった性器だけでなく、のどの検査もしっかりと合わせてしておくことが大切です。

咽頭用キットではうがい液を使ってのどの淋病検査をします。うがい液を採取する際の注意事項はこちらの『咽頭用採取方法』をご覧くださいね。

咽頭用淋病検査を含むオススメの検査キットは咽頭のリンクラチェックです!

kit201 咽頭のリンクラチェック
kit201 咽頭のリンクラチェックはこちら

Kit201 咽頭のリンクラチェック

のどの淋病とクラミジアが心配という方向けのキットです。
オーラルセックスをすることによって、STDがのどに感染することもあります。のどの検査をしておくことはとても大切です。

淋病検査キット:検査のタイミング

淋病やクラミジアは感染後72時間以降は検査に反応する量の病原体が分泌物に含まれるようになってきます。

一番確実に検査ができるのは不安な行為があってから1週間後以降の検査ですが、不安な場合は3日後以降から検査は可能です。

検査キットを注文してからお手元に届くのに数日かかることを考えると、不安になったらすぐに検査キットをご注文いただいても、採取をする頃には感染から72時間くらい経っていることがほとんどなので大丈夫です。

検査のタイミングについて詳しくはこちらの検査のタイミングのページも参考にしてみてください。

 

 

淋病検査:完治確認検査も忘れずに!

淋病は薬剤耐性菌が増えたため、薬が効きにくくなってきています。

病院で処方してもらったお薬を全て飲んでも完治できていない場合もあります。

お薬をもらった病院で完治確認検査を受けるか、郵送検査で完治していることを確認しましょう。

アイラボの完治確認検査はこちらの一覧からご覧いただけます。

 

淋病検査、症状がある場合はどうするべき?

尿道からの分泌物など淋病と思われる症状がある場合には、郵送検査ではなく病院を受診し、検査することをお勧めします。医師の判断により検査結果を待ちながら、すぐに治療を開始できることもあります。

女性は産婦人科、男性は泌尿器科が良いでしょう。

男性は何科に受診していいのか迷われることもあります。どこを受診すべきかについてはこちらの記事『性病(性感染症)の不安、男性は何科に行けばいいの?』もご参照くださいね。

 

 

淋病検査キット:まとめ

淋病の検査は郵送検査キットで簡単に検査をすることができます。でも大切なのは、淋病の症状はクラミジアなどのその他の感染症の症状によく似ていること。

淋病の検査をしようと思ったら、淋病だけではなくクラミジアの検査も一緒に受けましょう。

また、性病は性器だけではなくオーラルセックスによりのどにも感染します。検査をする場合は膣や尿道だけではなくのどの検査も一緒に済ませましょう。

Kit010 膣と咽頭のSTDチェック

kit010 膣と咽頭のSTDチェック

オーラルセックスによりのどへの性感染症の感染が増えています。
膣とのどの淋病とクラミジア、膣の感染症(細菌性膣症やカンジダ)を調べる検査キットです。
複数のパートナーがいたり風俗のお仕事を頑張る女子はとくに、月に一度はこの検査を受けることをお勧めします。

Kit103 尿道と咽頭のリンクラチェックkit103 尿道と咽頭のリンクラチェック

尿道と喉のそれぞれの淋病とクラミジアを調べる検査キットです。
オーラルセックスによりのどへの性感染症の感染が最近増えています。
淋病やクラミジアの不安があり、オーラルセックスもした場合には、のどの検査も忘れずに。

気になったらまず検査!

こちらの記事を読んで気になった方へのおすすめ検査キットはこちらです。
自宅でご自身で採取出来、病院に行けなくても安心して検査が受けられます。