子宮頸がん・HPV

【産婦人科医監修】がんにさせない、俺の子宮頸がん検査

子宮頸がんの主因となるハイリスク型のヒューマンパピローマウイルス(HPV)は感染している男性からセックスによってうつるって、知っていましたか?

男性の皆さん、子宮頸がんは女性のがんで、俺には関係ない!って思っていませんでしたか?

関係ありありです。


この記事の監修医師:
日本大学医学部卒、日本大学病院産婦人科などを経て現在はフクイ産婦人科クリニックで活躍中。アメリカペンシルバニア大学病理細胞診断部訪問、アルバート・アインシュタイン医大に留学など国際派産婦人科医。

そもそもHPVってなに?

HPVはHuman Papilloma Virusの略で、基本的にイボの原因となるウイルスで150種類以上あると言われています。

その中でハイリスク型のHPV15種類以上が子宮頸がんに関連しているということがわかっています。

現在はそのうち16型と18型が80〜90%を占めています。そう、よく聞くHPVワクチンはこの2種類をターゲットにしているものがほとんどです。

なんでウイルス感染ががんになるの?

ウイルス感染とがんは別物!そんなイメージがありますよね。

でも、ウイルスによっては細胞の中に入り込んで、構造や機能を変えてしまうパワーのあるものもあるのです。

ウイルスそのものやウイルス感染によっておかしくなってしまった細胞は、通常であれば体の免疫システムに認識されて、攻撃されて排除されていきます。HPVも90%くらいは免疫システムによって自然に排除されます。

しかし、持続感染という、感染が繰り返し行われている状態や膣からそのウイルスがいなくならない環境が続いてしまうと、免疫システムの力も残念ながら負けてしまい、ウイルスの繁殖、細胞への障害が優位になってしまいます。

細胞が正常な状態でそのサイクルを全うできなくなると、それはがん化という異常にへと変化していってしまうのです。

なんで子宮がない俺が子宮頸がんと関係あるの?

ですよね。でも、そのHPVウイルスはあなたの性器付近の皮膚に潜んでいることができるのです。

ペニスの皮膚は、膣や子宮と違ってとても強い皮膚でできているので、HPVウイルスに接触しても発症はしません。発症しないということは細胞に変化をもたらしたり、がんへ変化することはないということです(100%ないというわけではないですが、とても稀だそうです)。だから、全く症状はありません。症状がないから、何かに感染してるなんてまったく気がつかないですよね。

しかし、症状はしなくてもウイルスを保有することはできます。それなので、そのウイルスを相手の女性の膣内へと運んでしまうのがあなたのペニスなのです。

先ほども説明しましたが、子宮頸がんもウイルス感染の状態から始まるので、まずは免疫システムの攻撃が始まります。でも、あなたが繰り返し同じ女性とセックスをすることによって、お互いに同じ型のHPVをうつし合い続け(ピンポン球感染)、「持続感染」という状態を作ってしまうのです。それが、あなたが女性の子宮頸がんに関係しているということなのです。

じゃあ、相手を子宮頸がんから守るにはどうしたらいいの?

まずは、自分とお相手の女性がハイリスク型のHPVを保有していないこと(女性は子宮頸がんになるサインの細胞の変化も含めて)を一緒に確認するのが一番でしょう。

今二人の間に存在しないウイルス感染は、二人だけの関係である限り入り込んできません。

子宮頸がんの細胞診検査とともにHPVハイリスクグループ(13種類)のうち、どの型に感染しているかまでわかるタイピングの遺伝子検査です。

HPVハイリスクグループ(13種類)のうち、どの型に感染しているかを検査するとともに、細胞に異常が出ていないかを調べることができる、最高レベルの子宮頸がん検査です。

詳しくはこちら>>

男 HPV検査 子宮ガン

HPVハイリスクグループ(13種類)のうち、どの型に感染しているかまでわかるタイピングの遺伝子検査です。

ハイリスク型HPVの感染があったら、持続感染をし続けないことが子宮頸がんからパートナーを守る大事なポイントですので、どの型のHPVに感染しているのかを知ることは重要です。

詳しくはこちら>>

もし、どちらかにHPV感染が見つかってしまったらどうするの?

今現在、ウイルス感染がみつかっても、治療薬はありません。ただ、免疫システムで排除されていくウイルス感染なので、それを待つことが一番身体に優しく、相手に優しい治療となります。

ウイルスが発見されてしまったら、何型なのか(例えば16型とか)をしっかりと調べ、その特定のウイルスが完全に検出できなくなるまで、セックスは控えることが大事になってきます。HPVはコンドームではカバーできない根元付近の皮膚にも生息できるので、コンドームをすればいいということもありません。ウイルスがいなくなるまでは、しっかりと接触を控えましょう。

そして、相手の女性もしっかりと子宮頸がん検査を病院で受けて、細胞の異常がないことを確認していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら