検査士ダイヤリー

【産婦人科医監修】子宮頸がん検診率、先進国最下位の日本

日本の子宮頸がん検診受診率は先進国最下位の42.1%

色々な技術が最先端の日本。そして、伝統的文化も豊富な日本。新しいことを考えるのが得意だけど、古くからの技術や信念も大事にできるのが日本の素敵なところだと私は思います。

でも、古い信念を大事にしすぎて世界より大幅に遅れてしまっていることが多々あるのも事実でしょう。


この記事の監修医師:
日本大学医学部卒、日本大学病院産婦人科などを経て現在はフクイ産婦人科クリニックで活躍中。アメリカペンシルバニア大学病理細胞診断部訪問、アルバート・アインシュタイン医大に留学など国際派産婦人科医。

風俗はとても盛んで、そのサービスは日々進歩しているのに、性について本当に大事なことは語らない、知ろうとしない。婦人科に行くことは恥ずかしいこと、病院に行って検査することは恥ずかしいこと。。。その辺の間違った固定観念は古き良き伝統でもなんでもありません。

ただ、時代遅れなだけです。

企業健診制度や人間ドックといったシステムはアメリカにはありません。その辺はとても画期的だと思います。

それなのに、子宮頸がん検診に関しては先進国最下位レベルの受診率。

なぜ子宮頸がん検診はこんなに出遅れてしまっているのでしょうか?なぜ、子宮頚がん検診はいまだに「オプション検査」なのでしょうか?

検査さえすれば、癌になる段階よりも前に見つけられる数少ないがん。だからこそ、オプションにするのではなくて、マストの検査にして、撲滅するべきではないのでしょうか?

救えるとことからまず確実に救っていくこと、私はその方法を選ぶ必要はないと思います。

もちろん、産婦人科に行って検査を毎年できる人がすべてならそれは素晴らしいこと。でも現実はそうではありません。

病院が怖くて行けなかったり、忙しくて行けなかったり、恥ずかしくて行けなかったり、、、、自己採取をやみくもに否定することで、このような病院に行けていない人たちは病院に行けるようになっているのでしょうか?検査を受けないことの解決になっているのでしょうか?

それよりは、どちらでもいいからちゃんと検診を受けましょう、と力を合わせて子宮頸がんになる女性を一人でも減らすことが、先決ではないでしょうか?

また、自己採取がここまで否定されている背景には、自己採取器具での子宮頸がん検査の仕組みをしっかりと理解せず、処理も検査も最善のことをせずに来てしまった検査企業にも責任はあると思います。

患者さんに自分の検査がどの検査企業で処理されているのかなんて選べなければ知ることもできません。みんな、ちゃんと検査してくれていると信じているのです。その気持ちを裏切ってはいけないのです。取られてきた検体を最大限利用し、しっかりと正しく検査する、それが検査にかかわる人間一人ひとりの使命です。

人の命に変えられるものはありません。一人一人ができることを精一杯やる、それが先進国に生きる私たちなら理解することが難しいことだとは思いません。

産婦人科医は医療だけでなく女性が検診を受けやすい安心感や環境の提供を、
検診提供者は、どうしても産婦人科の診察台に乗ることができない女性をサポートし、
検査を受けた検査機関は、その検体の後ろには命があることを忘れずにしっかりと検査をする。

そして一番大事なのは、一人一人の女性が毎年検診を受けること。

それが、それぞれの責任なのではないか、と思います。

婦人科医を先頭にいろいろな専門家が団結して漏れのない受け皿をつくり、ならずにすむがんを一つでも減らすこと。

日本ならではの集団意識を生かして、対立するのではなく、チームになって女性を子宮頸がんから守っていける、そんなことを誇れる日本になれたらいいな、と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら