性病

アメリカの性:親の関わり、夫婦の愛の表現

アイラボ 検査士ダイアリー アメリカの性

アメリカのティーンエイジャーと性:親の関わり

まず、アメリカではセックスが盛ん、というイメージはみなさんお持ちではないでしょうか?15年住んで見て、やはりそれは日本人から見たら、正しいと思います。テレビのコマーシャルひとつ取っても、全て性的。石鹸やシャンプーまで、なぜかほぼ全裸の男女が抱き合っていたり。正直私にはとても不快でした。

でも、それだけ性的なことがオープンなのは、きっと日常的にもオープンなので、アメリカの常識的には普通のことなのかもしれません。

私の友人はみんな、彼氏ができたら、16歳であろうと、18歳であろうと、親に「ピルが欲しいんだけど。」と言えるらしいです。避妊のために、アメリカでは性的関係を持つ相手がいるけど避妊をしたいので、という理由で簡単に避妊ピルが処方されます。でも、やはり未成年なので親に内緒というわけには行きません。

「え!あなた彼とそんな関係なの!!」とびっくりされても、「まあ、そういう関係になってしまったなら、ちゃんと避妊はしないとね。それから子宮頚がん検査は毎年受けること!」と理解があるようです。そういうふうにオープンに話せるって、なんか羨ましいですね。

夫婦の愛の表現

以前の投稿、昨夜のNHKクローズアップ現代:高齢者だって「セックス」言えない“性の悩み”でも触れましたが、産後数ヶ月で赤ちゃんは自分の部屋で一人で寝る一番の理由は、早く夫婦の時間を取り戻したいから。

そして、産後6週間の検診でも、問題がなければ「はい、もうセックスしていいですよ」と言われるのです。私にはとても驚きのカルチャーショックでした。アメリカにいて12年目くらいの出来事でしたが、まだカルチャーショックがあるんだ、と思ったほどです。

でも、アメリカでは愛情表現がとても盛んで、夫婦の営みもその愛情表現として欠かせないのでしょうね。お互い早く、愛情の確認をしたいのでしょうね。そして、おじいちゃんおばあちゃんになっても、その気持ちはどうやら変わらないようです。

日本では何が違うのでしょう?

なぜかセックスレスで有名な日本人、その割には風俗という独特の風習も。。。日本人女性のホルモンに何か特有な違いがあるのか、それとも日本の女性に色々なプレッシャーが多すぎるのか、理由がとてもきになるところです。

アメリカでは小さい赤ちゃんがいても、家族やベビーシッターに子供を預けて夫婦でデートをマメにするのは当たり前のことです。それによって親から意見を言われるわけでもなく、子供を置いてデートなんてありえない!!なんて日本のような意見をする人も滅多にいないんですよね。なんせ当たり前のことなんですから。

私たち自身、ベビーシッターやお友達と子供の預け合いをしてよく夫婦でディナーに行ったものでした。でも日本だと、あまりいい目で見られないですよね。親に預けるにも、「誕生日だから」とか「結婚記念日だから」とか理由がないとお願いできない雰囲気がなきにしもあらず。。。

でも、もしそういう夫婦の時間を大事にする環境が当たり前にあったら、セックスレスの問題も少しは変わっていくのでしょうか?

もう少し、女性が女性として大事にされる時間が身近にあふれていたら、女性ホルモンの低下もなく、女性らしくいられるのかもしれないですね。これは、私は女性だけの問題でもなく、夫婦間の問題だけでもなく、日本の夫婦というペアの価値観の違いにあるのではないかな、と思ったりもします。

そして、そういう気持ちを話し合えるオープンさが、もっと日本の文化にもあったらな、とおもいます。

今日は私のアメリカ滞在感想文みたいになってしまいましたが 😉 読んでくれてありがとうございました。

ついでに、今日のオススメ検査キットはこれ!!ペアでお互いを大事にしましょう!

ペア 性病検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら