子宮頚がん・HPV

元カノが子宮頸がんに。。。原因は俺?

電話相談をお受けしていると、なぜか同じ時期に同じご相談が続くことがよくあります。

最近多いのは、「以前つきあっていた女性が子宮頸がんになってしまったのですが・・・」というものです。

俺が原因?

通常、HPVに感染してから子宮頸がんになるまで、数年かかると言われています。

そのため、その女性とつきあっていたのが最近なら、ご相談者の男性が原因とは考えにくく、その女性が以前につきあっていた男性からHPVに感染したと思われます。

逆にご相談者の男性が、長年その女性とおつきあいしている場合は、ご相談者の男性が原因かもしれません。

俺にも感染したの?俺もがんになるの?

子宮頸がんの原因はHPVですから、ご相談者の男性にHPVが感染した可能性はあります。ただ、これは他の性感染症にも言えることですが、相手がHPVを持っていても100%うつるわけではありません。でも、100%うつらないとも言えません。風邪をひいている人がそばにいても、うつる人とうつらない人がいるのと同じです。

男 HPV検査 子宮ガンただ、風邪と違うのは、子宮頸がんの原因となるHPVは感染していても症状がありませんので、感染しているかどうかを知るためには、検査してみるしかないのです。「もしかして・・・」とご心配な方は検査をお勧めします

また、HPVは女性の子宮頸部(けいぶ)の細胞に感染するとがんに進行することがありますが、男性の亀頭の細胞でがん化することはあまり無いようです。でも、感染していたら、移してしまうことはありますからね。

もし、俺に感染していたら、将来、奥さんになる人を子宮頸がんにしてしまうかもしれないってことですか?それって、殺人じゃないですか!?

将来、奥さんになる人を子宮頸がんにしない方法はあります。

もし、ご相談者の男性がHPVに感染していても、そのほとんどはご相談者自身の免疫力で排除されます。

では、排除されずに持続感染してしまった場合というと、将来、奥さんになる人にHPVに感染させてしまう可能性は否定できません。しかし、この場合は、その女性が定期的に子宮頸がん検診を受ければ大丈夫です。

子宮頸がん HPV 男最初にお話ししたように、HPVに関してから子宮頸がんになるまで、数年かかります。HPVが女性の子宮に持続感染し、遺伝子異常が起きると、正常な細胞→異常な細胞(HPV感染細胞)→がん細胞という経過をたどります。異常な細胞はまだがんではありません。子宮頸がん検診を受けて、この異常な細胞を発見し、治療すれば、子宮も命も守れるのです。

やみくもに心配するのはよくありません。まずは、HPV検査でご相談者自身がHPVに感染しているかどうかはっきりさせることが肝心です。

子宮頸がんとHPV

子宮頸がんの原因がHPV感染だとわかったのは1983年で、この功績でドイツのハラルト・ツアハウゼン博士は2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。しかし、日本ではHPVについての知識が広まっているとは言い難く、知らないうちにHPVに感染し、さらに知らないうちに他の人にうつしてしまっています。

今回のご相談者のように、自分が誰かにうつしてしまうことを心配する気持ち、とても大切だと思います。日本もまだまだ捨てたものじゃないな 🙂 と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら