性病

性病が心配な喉の痛み 病院にいったのに相談できなくて、、、

374bcadbbeda9f50db99b47a5113f48a_m

アイラボの無料相談でこの時期最も多いのが、“のどの痛み”を訴える人です。

昨日こんな相談がありました。

相談者:「耳鼻科を受診したのですが、処方された薬を飲んでよいでしょうか」・・・

私:「せっかく先生に処方して頂いた薬なのに、なぜそのようなことを聞くのですか?」「アイラボの無料相談に電話をされたということは、性感染症の心配な行為があったからですか?」

相談者:「ハイ、先生は「どうしましたか?」と聞いてくれたのですが、看護師さんもいたので、風俗に行ったことを言えず、「昨日からのどが痛いので」・・・とだけいいました。そしたら「ハイ、口を開けてーーーアァーって声を出して」「のどが赤いね! 風邪かな? お薬を5日分出しておきましょう」・・・で終わり。

先生に本音のところを話せかかった患者にとっては「風邪薬で性病が治るのか?」「飲んでいい薬なのか?」「とりあえず抗生物質だからいいのかな?」・・・等々、不安は増すばかりでの電話でした。

 

そして今朝私自身が耳鼻科を受診する羽目になりました。

待合室には20人程いたが、診察が早くて有名なクリニック。

10分程で大きな待合室から小さな待合室に呼ばれ、前の患者さんが入っていきました。

「今日はどうした?」…先生の声

「子供たちが風邪をひいたので」・・・お母さんの声

クリニック側の配慮はよくわかりますが、先生とのやり取りはよく聞こえるものです。

先日の相談者のことを思い出していました。

私たちの性感染症無料相談は、

1 心配な行為はいつありましたか?

2 キスはしましたか?

3 フェラのサービスを受けましたか?

4 クンニをしましたか?

5 スマタという行為をしましたか?

6 ゴムなしのセックスをしましたか?

このようなことを必ず聞いています。

呼ばれて診察室に入ると先生と5名の看護師さんが仕事をしていました。

さらに数人の患者さんが吸引の処置をしていました。

こんなところで、「キスをしたか?」「クンニをしたか?」なんて質問も回答も無理無理無理無理!

私が定期的に通っている病院では、初診の際に受診理由などを問うアンケートに回答するシステムをとっていますが、このような方法も患者にとっては嬉しいかもしれません。

また、性病が心配で耳鼻科を受診したら、「うちでは性病は診ないよ!」と言われた相談者もいます。

私達の「郵送検査」と「性病無料相談」は、そんな市民と医療のパイプ役と考えています。今日も頑張っていこう!

 

アイラボ所長 椎名義雄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら