メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

お盆休みのお知らせ

2020年8月13日〜15日はお盆休暇とさせていただきます。

お盆休暇前に検査結果を受け取りたい方は、8月11日午前中必着となります。(ただし、HPV検査、マイコプラズマ検査を含む検査キットは一週間から10日ほどかかるので、お盆休暇後の結果報告となります。)

また、この間にいただいたご注文は、16日より順次発送となります。

詳しくはこちらをご覧ください。

類似品にご注意を

アイラボの検査キットは、精度維持のためにすべて直接アイラボから発送しています。

 

アイラボ直営の3サイト(このHP、楽天、Amazon)よりご購入いただけます。

お客様が安心してご利用いただけるサイトからご購入ください。詳しくは、「検査の流れ」をご覧ください。

 

この3サイト以外ではアイラボの検査キットは販売しておりません。

類似サイトからのご購入品に関しましては、アイラボで検査をする事が出来ません事、責任を負いかねます事をご注意ください。

Be with you⋯あなたと一緒に

Be with you⋯あなたと一緒に

アイラボのモットーは、あなたの性の悩みや不安に寄り添い、一緒に完治を目指すことです。

STD(性感染症)やHPVに関して多くの情報があるなか、心配な症状があったり、不安な行為があったり、一人ではとても不安。
でも誰にも相談出来ない事が多い性の悩み。
アイラボでは、プロの検査士が一貫して事前無料相談から検査、検査後の無料相談まで対応しています。

一人で悩まず、まず相談!

現在のお悩みから治療後のケアまでお付き合いするのが、アイラボです。

事前の無料相談

事前の無料相談

検査が必要なのか、どの検査が的確なのか、迷ったらまずご相談ください。検査士があなたのお悩みを的確に判断いたします。

検査のプロが運営

検査のプロが運営

職員全員が臨床検査技師・細胞検査士・国際細胞検査士の資格を持つ、知識が豊富なプロです。

内緒で検査可能

内緒で検査可能

郵送検査ですので、病院に行く事なく、誰にも知られずご自宅で検体採取ができます。

検査後の無料相談

検査後の無料相談

検査を行った検査士が直接ご相談を承りますので、より詳しくご自身の状況を知る事ができます。

検査で分かるSTD(性感染症)

的確な検査キットを選ぶため、まずはこちらからご自身に合うキットを探してみましょう。

症状から調べる(女性)

症状から調べる(女性)

おりもの、におい、かゆみなど、デリケートゾーンに心配な症状がありますか?
どんな感染症やその他の病気に関係している可能性があるのか、症状別にチェックしましょう。

症状から調べる(男性)

症状から調べる(男性)

かゆみや痛み、できものなどの症状がある場合は、まずは原因を知る事が大切です。
症状別に可能性のあるSTD(性感染症)と対処法をチェックしてみましょう。

行為から調べる(男性)

行為から調べる(男性)

行為によって感染するSTD(性感染症)は様々です。
まずはしてしまった行為から、どの様な病気に感染してしまうかを知り、不安を払拭するために検査キットを選んでみましょう。

行為から調べる(女性)

行為から調べる(女性)

不安な行為をしてしまったと悩んでいるあなた。どんな行為をしてしまいましたか?
行為ごとに可能性のある感染症や不安を取り除くための検査キットを知りましょう。

症状がどれに当てはまるか分からない、ここにはない行為をした等、ご自身で判断する事が難しい場合もあると思います。
そう言った時には悩まずまず相談!
的確な検査をしご不安を取り除くために、検査前から検査後まで無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで

子宮頸がんは防げます

子宮頸がんは、そのほとんどの原因がハイリスク型のHPV感染だということがわかった今、「HPVワクチン接種をする」「定期検査をして持続感染を防ぐ」「パートナーにもHPVの定期検査をしてもらう」「細胞診検査でがんになる前の変化を見つける」等、いろいろな方法でがんになる前の「感染症」の段階で阻止することができます。

子宮頸がんは、いろいろな方法でがんになる前の「感染症」の段階で阻止することができます。

子宮頸がんは、いろいろな方法でがんになる前の「感染症」の段階で阻止することができます。

これだけ予防のステップがはっきりとわかっているがんは他にはありません。大切なのは子宮頸がんとHPVの定期検査です。

日本の子宮頸がんの定期検診の受診率は先進国最下位の42.1%です。
その上、一番検査を受けるべき20代女性の22.2%しか検査を受けていないのが現状です。

防げる「がん」だからこそ自主的に定期検査を受けて、命はもとより、大切な子宮も守りましょう。

検査士ダイアリー

検査士ダイアリー デリケートゾーンのムレ対策

デリケートゾーンのムレ対策 男女共通版!

梅雨も明けて、急に暑さとムレで女性も男性もデリケートゾーンに不快感が出る時期です。みなさん、デリケートゾーン、快適に保てていますか? とにかく大事なのは通気性! 職場の椅子がレザーだったり、木だったりするとムレムレになってしまいますよね。 ・・・

八王子市保健所性感染症検査一時休止

八王子市などの保健所が性病検査を一時休止

新型コロナウイルス感染拡大にあたり、八王子市や多摩府中の保健所でのHIVおよび性感染症検査が一時休止になってしまいました。 さっと調べてみたところ、南新宿検査・相談室は気をつけながらオープンしているようで、困っている方が行ける場所があってよ・・・

子宮頸がんはワクチンだけで予防できるのですか?

  子宮頸がん予防において大事なことは、子宮頸がんワクチンをしても子宮頸がん検査も定期的に受けること。この二つのセットで予防することで、子宮頸がん対策にとても効果があります。 子宮頸がんの主因となるタイプのハイリスクHPVは現在す・・・

Scroll Up