性病の郵送検査でよくあるお悩み

kensa_takai_tit1

kensa_takai_01

kensa_takai_02

kensa_takai_03

kensa_takai_tit2

kensa_takai_04

 

アイラボの「安心」のための郵送検査

YABUSA_1

郵送検査は医師がかかわらない“自己責任”で行う検査です。
従って、検査精度はもちろんのこと、悩める人に“安心”を提供することが使命と考えています。
そのために…

1.「無料相談」を行っています。

yusou_kensa01

悩み相談を受けるからには、ちゃんとした資格を取得しています。
相談員は臨床検査技師であり、細胞検査士です。その上に日本性感染症学会が認定する“認定士”の資格を取得しております。


  1. 悩みの原因(理由)をはっきりさせます。

  2. 対応策を一緒に考えます。

  3. 病院の受診または検査の必要性を説明します。

  4. 検査を希望される場合は効率の良い検査の進め方を説明します。

  5. 病院では話せないことも気軽に相談できます。

2.「アイラボの郵送検査」はコストより精度重視です。

yusou_kensa02

  1. 医師の代わりに検体を採取する器具は“最上級!”
    例えクラミジアの検査でも綿棒ではなく“加藤式”を採用。

  2. 全ての検体は適正に採取されたか“顕微鏡でチェック!”
    十分な細胞がない場合は再採取を要請します。

  3. 検体を採取した部位の現状を“細胞検査士がチェック”
    炎症があるかどうかをチェックすることで、がん細胞の発見も!

  4. 精度向上のため、“検体の前処理を重視”
    ひと手間かけることで子宮頸がん検診の精度が倍に!

アイラボのこだわり六箇条

3.医療機関の受診時に、検査結果を信頼して頂くために。

yusou_kensa03

  1. 医療機関との“共同運営”なので受診した病院でもスムース。

  2. 報告書に“写真画像を添付”することで信頼が増します。
    余分な再検査を防ぐ効果もあります。
    そのため、原則匿名での検査は受けていません。

4.検査後のアフターケアで満足のいく安心が得られます。

yusou_kensa04

  1. 性感染症は一般的な病気ですので多くの場合お近くの病院で治療できますが、淋菌、細菌性膣症、マイコプラズマ、ウレアプラズマなど治り難い病気の際はご相談の上、病院を紹介させて頂くこともあります。

  2. アイラボの検査は、全て2週間保存してありますので追加の検査が可能です。しかも、1,000円引きで対応させて頂いています。

アイラボが行っている“安心のための郵送検査”は、他の郵送検査にはない盛り沢山のサービスが含まれています。
検査によっては多少価格が高いものがあるかも知れませんが、精度の高さと安心にはかえられないとわたしたちは考えています。

yabusaki01shiina01

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら