尿道炎

 

尿道炎について

尿の通り道である膀胱から尿道口の先端までを尿道といいます。

その尿道にバイ菌が入り、尿道の表面でバイ菌が増えるに従って、白血球が増え、尿道に炎症を起こすことを尿道炎といいます。

尿道炎の症状

尿道炎:男性の症状

  • 尿道のかゆみ・不快感・違和感・痛み
  • うみ
  • 微熱
  • 無症状


尿道炎:女性の症状

  • 尿道のかゆみ・不快感・違和感・痛み
  • 残尿感
  • 下腹部の不快感
  • 尿もれや血尿
  • 微熱
  • 膀胱炎
  • 無症状


尿道炎の原因

  • 雑菌(バイ菌)の繁殖
  • クラミジア、淋病
  • クラミジアや淋病がない場合はマイコプラズマやウレアプラズマの可能性もある

非クラミジア非淋菌性尿道炎

淋菌の感染がなくておこる尿道炎を非淋菌性尿道炎といい、尿道炎の70%占めます。その中でクラミジアの感染もない「非クラミジア非淋菌性尿道炎」が30%から50%あります。それでは、淋病でもクラミジアでもなければ、原因となるのはなんでしょうか?

その原因菌がマイコプラズマやウレアプラズマと考えられています。

日本では尿道炎を起こすマイコプラズマやウレアプラズマに関しては軽視する向きがあり、欧米に比べて検査や治療は遅れています。

性感染症学会等では“完治しにくい” “耐性菌がある”など、関心が高まっています。今後実態が明らかにされていくと思われます。アイラボの無料電話相談でもとても多い悩みです。

女性の尿道口(尿道の入り口)は位置や構造が男性とは異なり、膣・肛門と近いために病原菌だけではなく大腸菌などの腸内細菌が原因で起こる尿道炎や膀胱炎も見られます。

原因菌を特定するには、一般細菌(淋菌やクラミジアなどではない腸内細菌や化膿菌など)の検査も必要になります。

 

 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら