トリコモナス 治療

 

トリコモナスの治療

トリコモナスの治療法5-ニトロイミダゾール系のメトロニダゾール(フラジール錠など)

  • 1日500mg、10日間 
  • メトロニダゾールは胎盤を通過して赤ちゃんへも作用してしまうため、妊娠中は基本的に使わない
  • ピンポン感染を繰り返すため、パートナーと同時期に治療をすることがとても大切

 

症状がなくなったからと言って全ての原虫がいなくなった(完治した)とは限りません。パートナーと一緒に必ず完治確認検査をしましょう。症状がなくなったからと言って全ての原虫がいなくなった(完治した)とは限りません。パートナーと一緒に必ず完治確認検査をしましょう。

薬の服用を始めてから3週間から4週間経ってから完治確認検査を受けましょう。生理の後がいいタイミングです。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

不安のことがあったら是非アイラボの無料電話相談をご利用ください。日本性感染症学会認定士があなたの悩みをお聞きします。

 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら