性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症

  

マイコプラズマ・ウレアプラズマについて

マイコプラズマは主に2種類が性感染症(STD/STI)として認識されています。Mycoplasma genitalium(マイコプラズマ ジェニタリウム)とMycoplasma hominis(マイコプラズマ ホミニス)です。

ウレアプラズマも2種類認識されています。Ureaplasma parvum (ウレアプラズマ パルバム)とUreaplasma urealyticum(ウレアプラズマ ウレアリチカム)です。

マイコプラズマはヒトに肺炎を起こす病原体として古くから知られていますが、性感染症としてはあまり聞きなれない病原菌です。しかし、欧米では非淋菌性尿道炎や流産、早産の原因として注目されています

アイラボでは、2013年よりこの問題に着目し、「淋菌・クラミジアは陰性だが強い炎症を認める場合」積極的にマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を勧めています。その結果は驚くべきで、クラミジアをしのぐ流行を懸念しています。

また、風俗等の口でのサービスも増えているため、喉のマイコプラズマやウレアプラズマの感染も増えています。口でのサービスだからとは安心していられません。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状

マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染:男性の症状

潜伏期間は1週間から5週間で、淋病やクラミジアより発症するまでに時間がかかります。

  • 排尿時のチクチク痛み
  • 尿道のかゆみ、不快感
  • わずかなクリーム色の分泌物
  • 無症状

 



マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染:女性の症状

女性の場合は男性よりも更に症状が現れにくく、かなり長い期間マイコプラズマやウレアプラズマのの感染に気付かないことも少なくありません。

  • おりものが増える
  • おりもののにおいが気になる
  • 無症状




マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染:のどの症状

のどの感染ではさらに症状が乏しく、気がつかないことがとても多いので、オーラルセックスにより感染が広がる、もしくは再感染してしまうことがあります。

  • のどの不快感
  • 無症状

のどの治療には時間がかかります。しっかりと根気強く治しましょう。

性病マイコプラズマ、ウレアプラズマ感染 性感染症

マイコプラズマ・ウレアプラズマ のうつる原因・経路

  • マイコプラズマ ジェニタリウム、マイコプラズマ ホミニス、ウレアプラズマ パルバム、ウレアプラズマ ウレアリチカムという病原体が正体

  • 粘膜に直接接触することでうつる

  • 口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある
 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら