性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症

マイコプラズマってどんな病気?

pic01_20150916

マイコプラズマはヒトに肺炎を起こす病原体として古くから知られていますが、性感染症としてはあまり聞きなれない病原菌です。しかし、欧米では非淋菌性尿道炎や流産、早産の原因として注目されています。

クラミジアも淋菌も検出されない尿道炎を「非クラミジア非淋菌性尿道炎」といいますが、まさにこの主役がマイコプラズマやウレアプラズマなのです。

アイラボの性感染症無料相談に、「尿道の不快感がずっと続いているので病院や郵送検査で検査しても陰性の結果だけで、大変悩んでいます。」「おりものが多いので病院を受診しても異常なしばかりです。この悩みから解放されたい。」などの意見が多く寄せられます。

アイラボでは、2013年よりこの問題に着目し、「淋菌・クラミジアは陰性だが強い炎症を認める場合」積極的にマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を勧めています。その結果は驚くべきで、クラミジアをしのぐ流行を懸念しています。

また、風俗等の口でのサービスも増えているため、喉のマイコプラズマやウレアプラズマの感染も増えています。口でのサービスだからとは安心していられません。


男性のマイコプラズマの症状

standard_m

  • 排尿時のチクチク痛み
  • わずかな分泌物
  • のどにもわずかな痛みや不快感

性病 郵送検査 淋病 クラミジア マイコプラズマ ウレアプラズマ潜伏期(症状が出るまで)は1週間から5週間で、淋菌の数日から1週間、やクラミジアの1週間から10日より時間がかかります。

性感染症無料相談から得られる情報では、排尿時のチクチク感やピリピリ感、さらに尿道のかゆみや不快感を訴えるケースが多いようです。また、尿道から分泌物を認めるケースでは白からクリーム色で量はそれほど気にならないようです。それら症状を全く示さない人からも検出されます。

のどに関しては、弱い痛みや不快感を示すケースが多く、風邪との鑑別が難しいようですが、検査によって初めて判明するケースもあります。


▼男性の症状についてもっと詳しくみる

一般的にはクラミジアと同じような症状を示すことが多く、症状は軽く、弱い痛みや痒み、膿様分泌物を認める程度である。


女性のマイコプラズマの症状

standard_w

  • おりものが増える
  • 嫌なにおいがする
  • のどにもわずかな痛みや不快感

膣 マイコプラズマ 郵送検査女性性器に感染した場合、男性に比べさらにはっきりした症状がなく、一般に行われるおりもの検査の対象にもなっていません。マイコプラズマの検査をして初めて感染を知るケースが大半です。

アイラボでは、婦人科子宮頸がん細胞診検査で炎症が強いケースは積極的に「おりもの&においの検査」の追加検査を提案します。その検査で全て陰性にもかかわらず強い膣炎を伴う場合、「マイコプラズマチェック」の追加検査を提案致します。


▼女性の症状についてもっと詳しくみる

マイコプラズマに特徴的な症状はありませんので、「おりもの&においの検査」をしても原因がはっきりしない時に「マイコプラズマチェック」で確認することが、発見につながる早道です。


うつる原因

通常の性行為によって感染します。 性感染症としての病原菌は、マイコプラズマ・ジェニタリウム(Mycoplasa genitalium)、マイコプラズマ・ホミニス(Mycoplasma hominis)、ウレアプラズマ・パルバム(Ureaplasma parvum)、ウレアプラズマ・ウレアリチカム(Ureaplasma urealyticum)です。

アイラボの検査では、これら4種は膣、尿道および咽頭からも検出されますので、「口と口」「口と性器」「性器と性器」が触れ合う性行為によって感染する事が分かります。

まだ検査した件数は少ないのですが、女性性器ではUreaplasma parvum、Mycoplasma hominisの順に多く、尿道からはMycoplasa genitaliumが多く検出され、単独感染が最も多いですが、3種同時感染も見られます。

検査

のどのマイコプラズマ検査 郵送検査一般的には培養法が行われていますが、時間がかかったり、感染している菌を特定する(同定)のが難しいので、アイラボではこれら4種類(マイコプラズマ・ジェニタリウム、マイコプラズマ・ホミニス、ウレアプラズマ・ウレアリチカム、ウレアプラズマ・パルバム)の菌を一度に検査できる遺伝子検査法PCR/インベーダー法で検査します。


病院に行く場合

最初からマイコプラズマやウレアプラズマの感染を疑って病院を受診することは少ないと思います。何らかの症状があったり、不安な行為があって心配な時に受診を考えるでしょうが、先ずはあわてないで冷静になりましょう。
落ち着いてどうしたらいいかを考え、分からない時はアイラボの無料相談をご利用下さい。病院を受診すべきか? いつ受診したらいいか? 何科を受診すればいいか? 一緒に考えましょう。
男性で明らかな尿道炎症状がある場合は泌尿器科/性病科女性でオリモノや臭いが気になる時は婦人科で診察を受けましょう。
検査を検査所に依頼するクリニックでは、1週間後の来院を告げ、なにがしかの抗生物質が処方されることが多いようです。
※症状がないか弱い場合、検査で原因をはっきりさせてから受診することで最初から適切な治療が開始できます。

まず自分で検査したい方

characterはっきりした症状はないが心配、病院に行くのが恥ずかしい、時間がないという方は郵送検査キットが便利です。プライバシーを守りながら自分で、自宅で、簡単にできる性病検査です。
郵送検査3条件(①ちゃんと採取できているか? ②炎症があるかどうか診てくれるか? ③検査後の相談にのってくれるか? を明記した検査キットを選びましょう。

アイラボだからできる!あなたが選ぶ解決法

btn_kitmore01

今すぐ自分で検査をして、その結果を見ながらアイラボの検査士と相談ができる検査キットです。

検査結果を見ても心配が残る方はアイラボの検査士に「した行為」「心配していること」などを相談することでモヤモヤを解消できます。
検査結果が出る前でも後でも、何か分からないことや不安なことがあれば、遠慮せずに気軽に無料相談をご利用下さい。

おすすめのキットはこちら

アイラボならではの特殊検査!マイコプラズマとウレアプラズマを調べます。
オーラルセックス(キス、フェラ、クンニ)でのども心配な方は「咽頭のマイコプラズマチェック 【キット番号:KIT206】」もご利用ください。

btn_kitmore02

相談は恥ずかしい。
でも自分でしっかり検査をしたい方のための検査です。

性行為後に考えられる病気をフルにカバーできるプレミアム検査キットです。もちろん検査で悩みが解消されないときの無料相談もついておりますので安心です。
【注意】HIVと梅毒の検査については、抗体価が上昇するまでに個人差がありますので、おおむね1ヵ月以上経過した時点(早く知りたい時)と3ヵ月後に検査を受けましょう。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療

性感染症としてのマイコプラズマやウレアプラズマの治療に関して日本性感染症学会からガイドラインは出ていません。一般的にはクラミジアと同じ抗生物質が選択され、マクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系抗生物質が抗菌力は強いと言われていますが、完治しにくいことが多いので、症状が軽減しても治療後2~4週間後に経過観察のための再検査が望まれます。
また、パートナーの同時治療が必要です。マイコプラズマ

治療の後は完治確認検査キットでちゃんと治っていることを確認しましょう。

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら