尖圭コンジローマ(イボ)/HPV感染症

  

尖形コンジローマ(いぼ)について

尖形コンジローマの原因となるウイルスは、ヒト乳頭腫ウイルス(Human papillomavirus:HPV)の6型と11型です。

HPVは子宮頸がんの主因ともなるウイルスですが、この6型と11型は子宮頸がんを起こすリスクは低いものとされ、性感染症として分類されています。

しかし、このウイルスの感染が見られる場合は子宮頸がんに関連があるハイリスク型のHPVの同時感染があることも少なくはありません。

尖形コンジローマの症状

尖圭コンジローマ感染:男性の症状

陰茎、尿道口付近、亀頭、カリの部分(冠状溝)、陰嚢、肛門など発症部分はウイルスの触れた部分なのでさまざまです。

  • いぼ(肌色から褐色)
  • 軽いかゆみ

一般にイボ状と表現しますが、鶏のトサカのような、またはカリフラワーの表面のような形をし、時には巨大になることもあります。


尖圭コンジローマ感染:女性の症状

大・小陰唇、膣前庭、膣、周辺にイボができます。また肛門の周囲や尿道口にもイボができることがあります。

  • いぼ(肌色から褐色)
  • 軽いかゆみ

一般にイボ状と表現しますが、鶏のトサカのような、またはカリフラワーの表面のような形をし、時には巨大になることもあります。

 

尖圭コンジローマ(いぼ)のうつる原因・経路

  • コンジローマ HPVウイルスの感染方法HPV(6型と11型)という病原体が尖圭コンジローマ(いぼ)の正体
  • 皮膚や粘膜に直接接触することでうつる
  • 男性の陰茎や亀頭、女性の外陰部や膣は重層扁平上皮(じゅうそうへんぺいじょうひ)という大変丈夫な組織でできてるので、ウイルスが付着した程度では感染しません。しかし、セックスはこすり合う行為なので、そのような強い組織でも目に見えないくらいですが、小さな傷ができてしまいます。その傷からウイルスが侵入して感染してしまいます。
  • 感染後3週間から8ヶ月の潜伏期のあとイボができ始める


閲覧注意

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら