HIV感染症

  

HIVについて

HIV(Human Immunodeficiency Virus)が原因となるウイルスです。

血液や体液(性液や膣分泌液)が小さな傷口などから体の中に入ることによって感染します。

AIDS( Acquired Immunodeficiency Syndrome)はHIVが感染することによって免疫機構がうまく働くなり、カリニ肺炎やカポジ肉腫などの症状を引き起こした状態を言います。

日本では、毎年1,500人程が新たにHIV感染者として確認されています。

HIVは性感染症の中で最も恐れられていた病気ですが、治療に関する研究が進み抗HIV薬の内服でほぼ平均寿命をまっとうすることができるようになりました。とは言え、その治療費は1年間で200万円前後と高額であること、感染者は確実に増えている現状を考えると、しっかりと感染予防することがまだまだ重要でしょう。

HIV感染の症状

HIV初期感染

感染後、2〜6週間で初期感染症状があらわれることがあります。

  • 発熱
  • リンパ節の腫れ
  • のどの痛み
  • 湿疹
  • 筋肉痛、関節痛
  • 頭痛
  • 下痢、吐き気

無症候期

初期感染の症状が消えてからエイズ期の症状が出るまでの数年〜十数年間のことを言います。

無症候期という名前ですが、毎日数億個前後のHIVのウイルスが体の中で作られ続けています。

この間にも徐々に免疫力が低下しますので、帯状疱疹(たいじょうほうしん:ウイルス感染によるもの)やカンジダ症が発症しやすくなるといわれています。

エイズ期

AIDS(後天性免疫不全症候群)の代表的な疾患であるカリニ肺炎やカポジ肉腫などの様々な疾患が発症します。

抗HIV療法が開発される前は、エイズ期に入ったHIV感染の致死率は100%でしたが、治療薬により多くの命が救えるようになりました。

HIVのうつる原因・経路

  • HIV(Human Immunodeficiency Virus)というウイルスがHIV感染の正体

  • 血液や体液が小さな傷口などから侵入することでうつる

  • 口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら