B型肝炎

  

B型肝炎について

B型肝炎ウイルスHepatitis B virus (HBV)は、血液や体液を介してヒトからヒトに感染して肝炎を起こします。肝炎が持続すると慢性肝炎となり、さらに肝硬変から肝がんへと進むことがあります。

免疫機能が発達した成人な場合は一過性(一時的な)の感染ですみますが、免疫機能が低下した状態の時に感染すると高い頻度で持続感染(キャリア化)になります。

これまでの多くの研究の結果、B型肝炎はHBVが持続感染しているキャリアとの性行為によって感染すると考えられています。

感染によって症状が出る人は30%程で、半数以上の人は症状が出ないまま自然に治ります。

B型肝炎の症状

  • 倦怠感(けんたいかん)、だるさ
  • 食欲不振
  • 関節痛
  • 褐色の尿
  • 微熱
  • 黄疸(おうだん)

 

B型肝炎のうつる原因・経路

  • B型肝炎ウイルスHepatitis B virus (HBV)というウイルスがB型肝炎の正体
  • 血液や体液が小さな傷口などから侵入することでうつる(性行為は単に粘膜と粘膜、粘膜と皮膚がふれるだけでなく“こずる”が加わりますので、目には見えない小さな傷がつきやすいので要注意)
  • 口と口、口と性器、性器と性器、どの接触でもうつる可能性がある
  • 輸血や医療従事者の針刺し事故など
 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら