カンジダ

  

カンジダについて

原因になるのはカンジダ(Candida albicansやCandida glabrata)という真菌(カビの一種)です。

性感染症ではなく、抗生剤投与や体力低下、妊娠など常在菌やホルモンバランスの変化によって膣内環境が不安定な時に感染してしまいます。

もちろん、膣内環境が不安定な時にカンジダを保有しているパートナーと性行為をすることでうつることもあります。(膣カンジダの5%くらい)

カンジダの症状

カンジダ感染:男性の症状

男性の場合は無症状な場合が多いので、気がつかない間にパートナーに感染させてしまうことがあります。

  • 無症状
  • 亀頭のかゆみ・不快感・違和感
  • 赤み
  • 白苔(肌が白く粉を吹いたような変化)

症状が見られる多くの場合は、包茎、糖尿病、ステロイド剤投与後などで、無症状がほとんどです。



カンジダ感染:女性の症状

症状はさまざまで、半数ほどの人は半年くらいは無症状なこともあります。感染が長引くと、おりものがふえたり、かゆみがなどの症状が出始めます。

  • 外陰部や膣のかゆみ
  • ヒリヒリする
  • 酒粕やヨーグルトのような白いおりものが増える
  • 性交時に痛みを感じる

糖尿病やステロイド剤の投与後などは、膣よりも外陰部やデリケートゾーンにかゆみが集中することがあります。


カンジダのうつる原因・経路

  • カンジダ(Candida albicansやCandida glabrata)という真菌(カビの一種)が原因
  • 抗生剤投与や体力低下、妊娠など常在菌やホルモンバランスの変化によって膣内環境が不安定な時に感染
  • 性行為でも感染する
 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら