細菌性膣症

細菌性膣症に関する最新の検査士ダイアリーはこちら!

細菌性膣症のページはこちら!

細菌性膣症ってどんな病気?

細菌性膣症は膣内正常細菌叢(ノーマルフローラ)の乱れが原因で、膣内の支配者が乳酸菌から膣ガルドネラ菌に変わった(欧米ではシフトと表現します)ことによって起こる病態です。魚が腐った時の異臭(魚臭帯下)が最も特徴的な症状です。

性病でもないのに、パートナーから性感染症ではないかと疑れ、体臭ではないかと思い込まれることもあります。男性にとっては臭いが気になっても言い出せないことが多く、「男が黙って去っていく病気」と表現した欧米の研究者もいます。

アイラボが郵送検査会社立ち上げのきっかけになった病気がこの細菌性膣症です。

人生で最も輝いている10代・20代、お化粧して、きれいな洋服を着て、そして健康な体で素晴らしい時代を精一杯生きて欲しいというのが私達の願いです。是非この機会に細菌性膣症という病気を知り、この病気を予防しましょう。

症状

standard_w_a

  • 灰色がかった白っぽいオリモノ
  • 嫌な臭い
  • 黄色っぽいオリモノ

おりもの におい 郵送検査

細菌性膣症は、膣内を守っていた乳酸菌が少なくなり、膣ガルドネラ菌に入れ替わった(シフト)状態で、膣炎は起こしていないのが一般的です。『魚の生臭い嫌な臭い』と『オリモノの異常』がこの病気の特徴的な症状です。

この状態が長く続くと、肛門から入り込んだいろいろな菌が膣内で増えるため、さらに状態は悪化し、ひどくなるとジーンズ越に臭いを感じるようになります。そして炎症を伴うようになると、オリモノは黄色になり、膣炎の様相を呈します。

嫌な臭い

魚臭帯下(ぎょしゅうたいげ)といって、魚の生臭いような“おりもの”の意味です。皆さんは経験がないかも知れませんが、漁師さんや釣りを趣味にしている人の車は、魚が腐ったような生臭い独特的な臭いがします。それをアミン臭といいます。

『魚の生臭さの原因については膨大な研究があります。一般にアンモニア臭といわれる臭いで、魚や肉などが微生物や色々な酵素の働きで分解される時にトリメチルアミンやピリジン、インドールなど、さらに低級脂肪酸などが複合的に混じりアミン臭が発生すると考えられています。

トリメチルアミン尿症という病気は食べた魚や肉が消化されて発生したトリメチルアミンを分解できないまま、汗や尿から排出される病気で嫌な体臭になります。細菌性膣症においては、膣ガルドネラ菌の増殖と膣内タンパクやアミノ酸成分との関係で同じような反応が起っている可能性が考えられます。

アイラボの性感染症無料相談には、「イカの臭いがするおりものが気になる」、「電車で座っている時に自分の下半身から嫌な臭いがする」という女性からの悩みが多く、男性からも「女性の性器を触った手の臭いが、石鹸で洗ってもとれない」という相談を何度か頂いています。

 

帯下異常 

オリモノのことを専門用語では『帯下(たいげ)』といいます。典型的な細菌性膣症のオリモノは『灰色がかった白い』のが特徴です。しかし、細菌性膣症の状態が長く続くと膣内のバランスはさらに崩れ、色々な菌が増えやすい環境になり、白血球が増えて炎症(膣炎)を起こし、オリモノは黄色味を増してきます。

【注意!】

カンジダ クラミジア 淋病 おりもの におい 郵送検査でもね。気になる臭いの原因は細菌性膣症だけではないんですよ。私達は毎日皆さんから届いた検体を処理する時、検体を容器から取り出す前から「何か臭う」・・・「細菌性膣症かな?」と思うことがあります。気になるので後で顕微鏡を覗いてみると、「何だ!トリコモナスか」ということや、ひどいカンジダ症であったり、淋病であったりします。当然、診察した婦人科の先生方もごまかされます。「トリコモナスがいますか?」という検査依頼なのに結果は細菌性膣症であったり、「細菌性膣症ですか?」というケースがカンジダ症であったりすることは日常茶飯事です。

皆さんが郵送検査を依頼する時、HPなどを見ると「症状が細菌性膣症に似ているので細菌性膣症の検査キットを購入しますという」人がいますが、これでは他の感染症を見逃してしまいます。細菌性膣症かなと思っても、他の感染症のこともあるので、細菌性膣症が含まれる『おりもの&臭いの検査』または『婦人科トータルセルフチェック』で総合的に調べましょう。どの検査をしたらいいのかよく分からない、不安なときは先ずは相談してからにしましょう。


うつる原因

膣ガルドネラ菌は性交によってうつると考える研究者もいますが、例え性交で膣内に侵入したとしてもその時点で乳酸菌から膣ガルドネラ菌にシフトするという報告はありません。性交にせよ腸内細菌と共に肛門から膣内に侵入したと仮定しても、乳酸菌が豊富に存在している状態では細菌性膣症にはならないと考えられます。

従って、細菌性膣症の状態に陥る直接の原因は、膣洗浄や過度な性交、さらに入浴(経産婦に多く見られる)等による乳酸菌の強制的流出、膀胱炎治療後(風邪などで抗生物質投与後も同じ)のカンジダ症(菌交代現象)に引き続いて発症した例など、要因は多岐にわたります。

健康な膣内にはこのように<br>たくさんの乳酸菌が<br>住み着いています。

細菌性膣症になっていない女性の分泌期(排卵から月経前まで)の膣内です。沢山の乳酸菌(黒っぽく見える細い棒状の菌)が存在し、極めて健康な膣内です。

乳酸菌はほとんど見られず、細かな細菌(膣ガルドネラ菌)によって膣内は支配されています。乳酸菌から膣ガルドネラ菌に入れ替わった(シフトした)状態で、細菌性膣症の初期段階です。この段階でも魚の生臭い臭いになることが多いのですが、白血球はほとんど増えていません(膣炎を起こしてはいません)。

細菌性膣症のシンボル的な細胞でclue cell(クルーセル)といいます。クルーセルは膣の表面を覆う扁平上皮細胞に膣ガルドネラ菌が群がった現象です。大腸菌などが同じように群がることもありますが、慣れてくれば見分けは容易です。

Clue cellを認めますが、沢山の白血球(ごま塩のように見える)も見られ、もはやこの段階になると細菌性膣症の域を出て膣炎の状態です。

予防策としては、膣の自浄作用に任せ、『性交以外は膣内を静かにほっておく』ことが最も重要で、静かにしている間に乳酸菌が増え復元するのです。この神秘的ともいえる自然の力に任せ、自ら正常フローラを乱してしまうことはやめましょう。

膣洗浄をしたいと思うには、おりものの増加や嫌な臭いなど、いつもとは異なるそれなりの症状があるからだとおもいます。その際は膣洗浄やおりものシートを増やす前に先ずは婦人科を受診するか、おりものや臭いの原因を調べてみましょう。

入浴中膣内にお湯が入ってしまう方で細菌性膣症になってしまった場合、治療後しばらく入浴はひかえシャワーを利用してみることも試してみる価値があるかも知れません。抗生物質の使用後の注意、規則正しい生活習慣に気をつけ、乳酸菌保護・予防の観点から乳酸菌サプリの力を借りるのも良いかもしれません。


検査

細菌性膣症の時の典型的なクルーセル 乳酸菌は全く観察されません

細菌性膣症の時の
典型的なクルーセル
乳酸菌は全く観察されません

前にも述べましたが、細菌性膣症は膣内細菌のバランスが崩れた状態ですので、特徴的な菌の出現状態を顕微鏡で観察する方法(Nugent score)やWHOの診断基準として(1)オリモノの酸度、(2)オリモノの性状、(3)クルーセルの有無、(4)化学的反応の4項目中3項目が陽性の場合、細菌性膣症と診断する方法があります。

詳細は日本性感染症学会(2016年)性感染症診断治療ガイドラインをご覧ください。

細菌性膣症は膣内フローラのバランスが崩れた状態ですので、膣内を支配している菌の状況を顕微鏡で観察する方法が最も簡単で確かな方法です。おりもの検査の一環として『細菌培養検査』をされますが、細菌性膣症を診断する目的で培養検査の必要はありません。例え膣ガルドネラ菌が検出されてもそれだけで細菌性膣症とは診断されません。

WHOの診断基準
  • おりものの性状(外観):均一で、粘り気がなく、灰白色
  • おりものの酸度:㏗5以上
  • Clue cell クルーセル:出現の有無
  • 化学的アミン臭の確認(アミンテスト):10%水酸化カリウム液とおりものを混ぜた時アミン臭がある?

以上4項目中3項目が陽性の場合細菌性膣症と診断されますが、婦人科外来でのチェックは少し面倒です。日本で日常業務にこの方法を採用している婦人科医はほとんどいないと思われます。

国際的にも広く採用されているNugent score 

 膣内から採取した検体にグラム染色という特殊な染色を施した標本を顕微鏡1000倍で観察し、乳酸菌と細菌性膣症に関係する(膣ガルドネラ菌・モビルンカス)の相対的割合を算出しそれをスコア化し、0-10段階で評価するものです。

乳酸菌(1視野中の菌数/スコア):0/4、<1/3、1-4/2、5-30/1、>30/0

膣ガルドネラ(1視野中の菌数/スコア):0/0、<1/1、1-4/2、5-30/3、>30/4

モビルンカス(1視野中の菌数/スコア):0/0、<1/1、1-4/1、5-30/2、>30/2

判定は 正常(スコア合計が0-3)、中間(4-6)、細菌性膣症(7-10

アイラボ方式

私達が用いている細菌性膣症の診断基準は、より日常の臨床に直結したもので、ある婦人科医のメモがきっかけで、以下のように3段階に分けました。

 BV-1Clue cellは認めないが、標本背景の大部分がGardnerella vaginalis である。
    (WHO分類にはありませんが、膣内が膣ガルドネラ菌にシフトした状態で、嫌な臭いになりますので、私達はBVの初期段階と考えています。)

 BV-2Clue cellを認めるが、標本背景に好中球の増加(炎症像)を認めない。
    (WHO分類の中に含まれる所見です)

 BV-3Clue cellを認め、標本背景に好中球の増加(炎症像)を認める。
    (WHO分類にもNugent scoreにもない項目ですが、炎症を伴っている場合治療が異なります。)

BV:Bacterial vaginosis (細菌性膣症の意味です)


病院に行く場合

明らかな症状がある場合は病院を受診しましょう。
婦人科/泌尿器科/性病科で診察を受けましょう。

まず自分で検査したい方

おりもの におい 郵送検査はっきりした症状はないが心配、病院に行くのが恥ずかしい、時間がないという方は郵送検査キットが便利です。プライバシーを守りながら自分で、自宅で、簡単にできる性病検査です ※郵送検査3条件(①ちゃんと採取できているか? ②炎症があるかどうか診てくれるか? ③検査後の相談にのってくれるか? を明記した検査キットを選びましょう。

character

アイラボだからできる!あなたが選ぶ解決法

btn_kitmore01

今すぐ自分で検査をして、その結果を見ながらアイラボの検査士と相談ができるスターターキットです。

検査結果を見ても心配が残る方はアイラボの検査士に「した行為」「心配していること」などを相談することでモヤモヤを解消できます。
検査結果が出る前でも後でも、何か分からないことや不安なことがあれば、遠慮せずに気軽に無料相談をご利用下さい。

アイラボスターターキットはこちら

性器と咽頭の状態(炎症の有無や他の感染症の有無)を観察し、同時に淋菌とクラミジアの感染をチェックするキットです。アイラボの知識と経験を最大限に生かした経済的な検査キットです。

btn_kitmore02

相談は恥ずかしい。
でも自分でしっかり検査をしたい方のための検査です。

性行為後に考えられる病気をフルにカバーできるプレミアム検査キットです。もちろん検査で悩みが解消されないときの無料相談もついておりますので安心です。
【注意】HIVと梅毒の検査については、抗体価が上昇するまでに個人差がありますので、おおむね1ヵ月以上経過した時点(早く知りたい時)と3ヵ月後に検査を受けましょう。

治療

治療には抗生物質の膣内挿入と内服の2通りがあります。

膣内局所にはメトロニダゾール膣錠250mgとクロラムフェニコール膣錠100mgを1日1回6日間が1クールで、治療前に膣洗浄することで治療効果をあげます。

クロラムフェニコールは膣ガルドネラ菌や嫌気性菌などの殺菌効果は高く、乳酸菌も殺菌してしまいますが、メトロニダゾールは乳酸菌を殺さない性質があります。膣内の炎症の有無やその強さに応じてこれら薬剤を効果的に使用することが大切です。

アイラボで細菌性膣症の段階をBV-1、BV-2、BV-3に分けている理由は、BV-1や2は典型的な細菌性膣症であり、膣内環境が乳酸菌から膣ガルドネラ菌にシフト(入れ替わった)した段階であるため、膣ガルドネラ菌を殺し乳酸菌を殺さないメトロニダゾールが推奨されます。しかし、強い炎症を伴うBV-3では、先ずは膣洗浄に加え、クロラムフェニコールで炎症を抑えることが効果的と考えています。

治療の後は完治確認検査キットでちゃんと治っていることを確認しましょう。

▼細菌性膣症についてもっと詳しくみる

細菌性膣症とはどんな病気か

産婦人科学会で早産・流産の原因として注目・警鐘

細菌性膣症が早産・流産・低体重児の誕生、分娩後の感染症の原因になることが最近になって明らかになってきました。
妊婦さんはカンジダ症になりやすいといわれていますが、発生頻度は細菌性膣症の方が高いのです。細菌性膣症の原因菌(膣カルドネラ菌)が子宮に入り込み、 赤ちゃんを守り育てている膜の炎症(絨毛羊膜炎)、胎盤の炎症(絨毛炎)、羊水内感染(羊膜炎)、臍の尾や胎児へ感染(索条炎)を起こしてしまいます。そ の結果、お腹の張りや痛み、発熱、破水を引き起こして、早産の原因になります。妊娠24~37週で早産の可能性が2.8倍に増加し、特に妊娠16週以内に 細菌性膣症・膣炎がある場合、早産の可能性が5.5倍に増加します。

乳酸菌が膣内の環境を維持している

では、どうすればいいか?ということになりますが、元通り乳酸菌が住み着いてくれなくてはなりません。したがって治療した後、不規則な生活による疲労や暴飲に注意し、規則正しい生活リズムを作ることが大切です。
治療をしても不摂生な生活をそのままにしていると再び細菌性膣症になってしまいます。細菌性膣症は生活習慣もあわせて改善することが大切です。

膣は極めて神秘的な臓器です。

月 経がある女性(性成熟期の女性)の膣の内側を覆う粘膜には、豊富なグリコーゲン(糖分)が存在しています。しかし、幼児や閉経した女性では膣の粘膜が薄 く、グリコーゲンを保有する細胞が少ないのです。それに対して、妊娠している女性(妊婦)の膣には極めて多量のグリコーゲンが存在するようになるのです。

なぜでしょう???・・・これぞ神秘的な現象です。

膣は自然に守られているのです。
乳酸菌が膣内環境を守っている状態

乳酸菌が膣内環境を守っている状態

幼児期や閉経期の女性に比べ、妊娠可能な性成熟期の女性の膣内は“バイ菌”が増えないように守られているのです。そして妊娠すると、赤ちゃんが子宮の中で健康に育つようにその守りはさらに強力になるのです。この現象を“膣の自浄作用”といいます。

つまり、膣の粘膜に糖分の量が増えるのです。そうすると乳酸菌の仲間が糖分を栄養源として猛烈に増えます。乳酸菌が増えると“酸”ができます。酸は“バイ菌”が増えるのをふせぎます。そうして膣の中を“バイ菌”から守っているのです。


細菌性膣症になってしまった状態

細菌性膣症(Bacterial vaginosis)は膣内の乳酸菌が減少することで起こります。

saikinseititu_how乳酸菌が膣内を支配している健康な膣内の酸度(pH3.5)は高いのですが、乳酸菌に代わって膣ガルドネラ菌が膣内を支配するようになる(細菌性膣症の状態)と酸度はpH4.5以上になり、色々なバイ菌(主に嫌気性菌)が増え、更に膣内環境は悪化します。

ちょこっと余談:診察時に臭いが気になる女医さんとの出会い

私はある時期、週に一度婦人科細胞診のアルバイトをしていました。

産婦人科クリニックから集められた細胞診の標本を観察する仕事ですが、標本と検査依頼書が渡されます。あるクリニックから提出される検査依頼書にかなりの頻度で“におい(+)”と書かれているのです。しかし、私自身“におい(+)”の文字を気に留めもせず結構な日々が過ぎていました。ある日のこと、沢山のclue cellが出現している症例に遭遇しました。いつもは何気なしに通り過ぎる“におい(+)”の文字ですが、この時ばかりは神のお告げのように「先生が書かれる“におい(+)”の意味は“細菌性膣症だ!”と確信」したのです。早速その先生に電話を入れると穏やかな声の女医さんでした。是非先生にお会いしたい旨を伝えると快く承諾してくれました。

後日お会いした婦人科医は子育て中のとても若い先生でした。

早速、「先生に細菌性膣症について教えて頂きたく伺いました」と伝えると、「えっ? それ何ですか?」という返事が返ってきました。先生もびっくり、私もびっくりでした。

「なぜ先生は検査依頼書に“におい(+)”と書かれるのですか」と質問してみると、「実は父も医者で、診察の時気付いたことは必ずメモしておきなさいと言われていますので、臭いが気になった時は必ず書いています。」との返事が返ってきました。実はこの先生、細菌性膣症という病気を知らなかったのです。

女医さんがにおい(+)とした症例は、clue cell 出現例はもとより(BV-2)、clue cellが見られないないケースでも乳酸菌が消失し、膣ガルドネラ菌に置き換わった(シフトした)症例(BV-1)でも魚臭帯下があったのです。

つまり、WHOの分類にはなく、Nugent scoreでは4-6(判定保留例)をBV-1として、細菌性膣症の予備軍的段階として取り入れました。先生から「細菌性膣症って治せるんですか?」と逆に質問されてしまいましたが、残念ながらその時回答は出せませんでした。

『その後、教え子で大学院生の研究テーマに「Gardnerella vaginalis感染におけるclue cellの診断的意義と治療に関する研究」を取り上げ、膣ガルドネラ菌に対する殺菌効果が高く、乳酸菌は殺さないメトロニダゾール(フラジール)等の有効性を報告しています。

(杏林医会誌27,2,177‐184,1996年)

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら