ここが違う!アイ・ラボのこだわり郵送検査  六箇条

検査のプロが運営する会社 ― アイラボ ―

 

私たちができる最善のサービスを提供致します。

検査や無料相談は、臨床検査技SONY DSC師、細胞検査士そして日本性感染症学会認定士の資格をもった専門の職員が対応致します。

私たちのモットーはBe with you、あなたと一緒に、あなたの悩みや不安に寄り添います。

無料相談であなたの悩みを聞き、必要であれば検査キットを一緒に選んだり、病院に行くことを勧めたりします。

アイラボの郵送検査は、検体採取器具や送られてきた検体の処理、結果報告までとことんこだわって作り上げています。


第1条 郵送検査に無料相談窓口は必須!

医師の診察がない郵送検査は、お客様の情報収集力、情報源の信頼性などにより偏りが生じてしまうことが多々あります。したがって、病気の相談、検査キットの選び方、検査結果の解釈など、検査前後の十分なフォローが必要です。

アイラボの相談員は全員、臨床検査技師、細胞検査士、そして日本性感染症学会認定士の資格を所有しています。より幅広い知識で、皆様のご相談を受けています。また、検査をしている本人達でもあります。検査内容をしっかりと把握しているので、検査後の結果の説明やご相談にも対応できます。

無料相談のルール等についてはこちら

kensasi1611

危険な行為による性感染症(性病)への不安

最も多いケースは、風俗を利用された後の心配ごとで、不安のあまりインターネットでいろいろな情報を得てしまい、さらに不安に陥ってしまう方がとても多いようです。アイラボの「してしまった行為」「症状から病気を調べる」などのナビゲーションを是非ご利用ください。

それでも不安な方は、落ち着いて先ずは私達学会認定士にご相談下さい。あなたのしてしまったこと、不安になってしまった原因をしっかりと聞いた上で、何が心配で、どんな検査が必要なのか、一緒に考えていきましょう。

病院に行くべきか?検査を受けるべきか?のご相談
  • 症状はないけど心配だから検査をしたい。
  • 症状があるけど怖くて病院には行きたくない、でも検査をして原因は何なのか調べたい。
  • オリモノや臭いが気になるけど、恥ずかしくて病院に行った方がいいのかわからない。

などなど、病院に行くべきなのか判断が難しい場合もあります。お医者さんもこれら症状だけで診断するのは難しいので、検査が必要になるのです。先ずは学会認定士に相談し、病院に行くべきか、まず検査をするべきかを考えましょう。

病院で検査をするならどんな検査をしなくてはいけないのか、ということをしっかり把握してから病院に行くだけでも心構えが変わって来ます。

最も適した検査キットの選び方についてのご相談

基本的に皆さんがインターネット等で得た知識に基づいて検査キットを選ぶのは望ましくありません。なぜかというと、情報が偏っているために考えられる感染症を全て把握できずに、これかな?と思うものと値段で決めてしまうことが多いからです。

例えば、ネットで調べたら自分の症状はカンジダ症の症状に似ているので、料金も安いカンジダの検査を選んだとします。でも、もしあなたの症状がカンジダではなく細菌性膣症であった場合、カンジダの検査では異常なしとなりますが、症状はまだあるために不安は続き、また他の検査をするということになってしまいます。 無駄な費用をかけず、効率の良い検査をしましょう。

第2条 郵送検査会社を選ぶ秘訣は採取器具にあり

本来、検査はお医者さんが採取した検体で調べます。郵送検査は、自分で採取するので器具が命です。採取器具や採取方法をよく調べましょう。※分からないままにしないで、納得がいくまで相談しましょう。

女性用採取器具

a4アイラボの女性性器の検査キットには、淋菌やクラミジアはもとより、全ての検査に大変効果的な加藤式自己採取器具を採用しています。

タンポン状の優しい形状で、膣内に入れて回すだけというとてもシンプルなものです。


男性用採取器具

tu-o3男性の尿道検査には、写真の様に極めて細い綿棒を使います。 怖い、と思われるかもしれませんが、より良い検体を採取するためにはこの綿棒が一番効果的なのです。でも、綿棒は怖いという人のために尿で調べるキットも一緒に入っています。その時は、説明書をしっかり読んで正しく採取しましょう。誤った採取をしますと正しい結果が出ないことがあります。


nyo

綿棒の先は爪楊枝ほどの太さです。芯は細く柔軟性のある針金のようなものでできているので、柔らかくしなやかな綿棒です。


検査 しょにょう 中間尿 尿検査の仕方もし尿での検査だけですと、出始めの尿(初尿)をちゃんと採取することができると、淋病やクラミジアの病原体の検出は可能ですが、初尿の後の中間尿になってしまうと、病原体は流れてしまっていて、検査は困難になってしまいます。


尿道 採取法 取り方 検査 郵送検査 アイラボ尿道検査用の特別な細い綿棒ならこのようにたくさんの淋病やクラミジアの病原体が採取できます。こちらの方が、より高い精度での検査ができるのでおすすめですが、どうしても怖い方は初尿で採取してください。


初尿のみをしっかり採取すれば高い精度が得られますが…

尿の採取方法は検査の目的によって異なります。例えば膀胱炎があるかどうかを調べたい時は中間尿といって、出始めの尿は捨てて、尿道を洗い流した後の尿を採取します。しかし、クラミジアや淋病といった感染症がある尿道炎があるかどうかを調べる検査では、出始めの尿が大切です。中間尿では肝心な病原体が流れてしまい、正しい結果が出ないのです。

郵送検査でも、病院での検査でも、性感染症の検査で尿を取るときは初尿ということをしっかりと覚えておきましょう。

ちなみに、心配な行為があってからすぐに検査をしてもちゃんとした結果は出ません。1週間から十日以上経ってから検査をしましょう。

検査するタイミング 1週間 十日 郵送検査

血液用採取器具

d7HIVや梅毒の検査には血液を使用します。自分で採取した後、すぐに小型の遠心機で血液を分離させます。その血液をチルド便で送って頂きますので、病院での検査と同じです。検査キットが多少高くてもせっかく検査するのであれば、精度を優先させましょう。


第3条 輸送中に変質しない保存液を採用

SONY DSC

採取した検体はそのままでは腐ってしまったり、雑菌が繁殖してしまいます。輸送中に変質してしまっては正確な検査結果が出せません。 アイラボの検査キットでは、温度の変化や長期の保存にも耐えられるアイラボ独自の保存液を使用しています。


第4条 全ての検体が適正に採取されたか調べます

クラミジアに感染してても、結果が陰性になる理由

送られて来た全ての検体は、下の写真の様に検体(細胞)が採取されているかどうかをチェックしています。適正に採取されていない検体で検査をすれば、その検査結果の信頼性がないからです。

C5ACC8DDC8BDC4EA

例えば、実はあなたはクラミジアに感染していたとします。あなたが採取した検体がなんらかの理由で検体が全く取れていなかったとします。検体が適正に取れているかいないかを確認せずに、そのままの検体を専用の検査機器で測定をしてしまったら、も検体は取れていないのでもちろん陰性(クラミジアはいませんでした)という結果になります。

本当はクラミジアなのに、取り方が悪くて陰性・・・怖いですよね。皆さんの検体の取り方に検査結果が左右される、これは郵送検査の欠点です。

しかし、アイラボはこの欠点を補うために、アイラボで検査する全ての郵送検査の検体について、検体がきちんと採取されているかどうかをチェックしています。検査精度のために、ここまでやる郵送検査所は他にはありません。つまり、アイラボの検査結果は精度が高いのです。

そして、検体はきちんと採取されていなかった場合は、「検体不十分のため、検査結果は出せません。もう一度、検査キットをお送りするので再度採取してください」とお願いすることになります。面倒だけど、間違った結果をもらうよりはいいですよね?

陰性と検体不十分、大きな違いなのがわかっていただけましたでしょうか。

 

第5条 細胞診で異常な所見が見られたら報告書に写真が添付されます

細胞診検査の結果は、検査を受けた人本人や、その結果を持参した医療機関の医師にも分かりやすく、信頼して頂くため、可能な限り写真を添付しています。何も異常がない場合は写真の添付はありません。

そのため、アイラボでは原則匿名での検査はお受けしておりません。

匿名では、何か異常があった時に、その検査結果をもって病院に行っても、ご本人様確認ができないため、その検査結果に対応した診療をしてもらえません。この場合は、病院でまた同じ検査を受けることになります。

郵送検査して結果が判明しているのに、病院でまた同じ検査するのは時間とお金が無駄になります。このため、アイラボでは原則、実名でのご登録をお願いしています個人情報の保護には万全を期しております。

*なお、一部、病院様のご方針により自施設での検査を義務付けてられておられるところもありますので、ご了承ください。

写真添付は主に、子宮頚がん検査が含まれるものが対象です。

2014B4E2CAF3B9F0BDF1

第6条 検体は2週間保存していますので追加検査が可能

STDCADDC2B8CDC6B4EF検査に使用して余った検体は、アイラボ独自の浮遊液中に再浮遊させ2週間保存しています。この検体で子宮頸癌、カンジダ、トリコモナス、細菌性膣症、クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、HPVタイピング検査の追加が可能になります。

追加検査をしたい時に、検体が十分あまっていれば、もう一度採取しないで済むのです。

例えば、子宮頚がん検査をしたらASC-USの診断だったため、HPV検査を追加したいなど、追加検査を希望される方は、お電話でご連絡ください。


bnr_kensa

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら