性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ 治療

  

マイコプラズマ・ウレアプラズマ の治療

性感染症としてのマイコプラズマやウレアプラズマの治療に関して、日本性感染症学会のガイドライン2016においては今現在治療基準は出ていません。

一般的にはクラミジアと同じ抗生物質が選択され、マクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系抗生物質が抗菌力は強いと言われていますが、薬剤耐性が強く出る研究も多く見られ、完治しにくいことが多いので、症状が軽減しても治療後2~4週間後に経過観察のための再検査が望まれます。

また、パートナーの同時治療が必要です。

1. マクロライド系抗生物質

2. ニューキノロン系抗菌剤

3. テトラサイクリン系抗生物質

などがあります。

マイコプラズマ ウレアプラズマ 治療後 確認 検査抗生物質や抗菌剤による治療は『菌を殺す』『菌を増やさせない』だけでなく、炎症を抑える働きもありますので、症状がなくなったからと言って全ての菌がいなくなった(完治した)とは限りません。必ず完治確認検査をしましょう。

薬の服用を始めてから3週間から4週間経ってから完治確認検査を受けましょう。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら