女性用キットの採取方法|シンプルキット

必ず採取方法をよく確認してから採取してください

専用の滅菌された綿棒で膣内から細胞を採取して頂きます。この検査は、淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、細菌性膣症、マイコプラズマ、ウレアプラズマを調べるもので、子宮頸がんやHPV感染を目的にしていません。

採取法は極めて簡単です。説明書に沿って採取して頂ければ十分な細胞が採取されます。

採取法注意事項

※ 生理中の方は生理終了後、出血がなくなってから採取してください。

※ 採取前に膣内の洗浄をしてしまうと正しい結果が得られません。

綿棒採取1.水色の保存液が入った容器に採取日、年齢、氏名を書 いて下さい。

2.容器のキャップを開け、倒れないようにしておきましょう。

3.滅菌綿棒を取り出します。綿の部分は手で触れないで、膣内に挿入します。

4.膣内を軽くこするようにして細胞を採取します。

5.膣内から綿棒を引く抜き、素早く水色の保存液に綿棒を浸して下さい。

6.白いキャップを時計回りとは逆に回すと、カチッと溝に入りますので、それを確認してから時計回りにしっかり閉めて下さい。(液が漏れないようしっかり閉めて下さい。)

7.もとのジッパー付ビニール袋に入れ、余分な空気を抜いて下さい。

8.「依頼書・報告書」に必要事項を記入し、検体と一緒に返信用封筒に入れて投函して下さい。

採取方法のことでも不安になったらアイラボの無料電話相談をお気軽にご利用ください。子宮頸がんや性病が心配になったらまず無料電話相談

無料電話相談:042-654-0750

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら