血液用キットの採取方法

 最初に内容物を確認してください

詳しくはこちらの取扱説明書をご覧ください

  • トレイ
  • 検体チューブ
  • 消毒綿
  • 穿刺器具(針)
  • 水色キャップ
  • 小型遠心分離機
  • バンソウコウ
  • 白色キャップ
  • 提出用ポリ袋
  • 返却用透明ポリ袋

かんたん採血セット‘栄研‘ 医療機器承認番号 21600BZZ00302000


t2
採血の前に手をよく洗います。血行を良くするために暖かいお湯で洗うとさらに効果的です。


t2
採血する場所を消毒します。


t2
空中で針を押し付けるのではなく、机などの硬いところで指に穿刺器具の先を押し付けるようにして穿刺します。(針は見えません)


t2
でてきた血液を約5滴、チューブのパットの上に採取します。パットの部分が全て赤くなるまで垂らしてください。

t2

すぐに青いキャップをしっかり締めて、ぎゅーっと2回押します。

t2
直ちに遠心機を用いて血漿を分離します。


t2
輸送用の白いキャップに付け替えます。まっすぐついていることを確認し、逆さまにしてキャップを下にし、机などにぎゅーっと押し付けてしっかりとしまっていることを確認します。

血液の漏れがあると検査ができなくなる場合があるので、くれぐれも漏れのないように、確認してください。


t2
提出用袋に必要事項を書き、検体チューブを入れ、穿刺器具、水色キャップ、中栓を返却用透明ポリ袋に入れて箱に入れてください。


t2
後は、その他の検体(ある場合のみ)や遠心機、採血に使用した廃棄物と一緒に送られて来た箱に入れてチルド便で送るだけです。

箱に詰めてから発送までに時間がある場合は冷蔵庫で保管してください。

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら