業界初のハイクオリティ郵送検査 女性

おりものや性病、性感染症が心配なあなたにオススメの検査キットはこちら

なぜアイラボの郵送検査が業界初のハイクオリティなのか?

病院の精度と郵送検査の受けやすさの両方を実現!

病院とは医師採取による検査のことを指します

リピーター率62%!

アイラボの検査を受けてくださってる皆さんは半数以上がリピータさんです。つまり、一度検査を受けてみて、満足してくださったということです。

医師採取と変わらない精度

アイラボは病院の子宮がん検査も感染症検査も請け負っている登録衛生検査所です。つまり、病院で検査を受けてもアイラボで検査しているのと同じなのです。

医師にとってもらうのではなく、自分で採取します。でも、心配はいりません。アイラボでは採取された検体を洗い出し、遠心分離して細胞成分を濃縮させるという高度な技術を用いて、細胞や病原体成分を抽出しています。

だから、あなたが採取してもしっかりと診断ができる量の検体が確保できるのです。もしも万が一、きちんと採取されていなかったり、細胞の量が足りなかった場合、アイラボでは「適正に採取されていなかったのでもう一度採取してください」とお知らせします。もちろん取り直しは無料です。間違っても、適正に採取されていなかったのに「異常な細胞はありませんでした。」と報告はしません。

失敗なしの郵送検査 システム

その精度は他の検査企業の約3倍!

一般的な検査センターでは分業で検査が行われることが多いのですが、アイラボでは、検体処理から結果判定まで一貫して専門性の高い資格を持った技師が行うことで、他ではみられない徹底した精度管理を実現しています。このため、アイラボでは同じ条件での検査において、他社の約3倍もの検出率を誇っています。

安心の精度、きちんとした評価、だから病院と同じ精度の検査ができるのです。

自己採取型郵送検査

病院は怖い、恥ずかしい、めんどくさい

病院に行くには、いくつもの高いハードルがありますよね。

自己採取なら検査キットを受け取ったらあとは自分のタイミングでほんの数分で終わります。

もちろんお医者さんにとってもらう方が安心という気持ちもよくわかります。でも、病院に行く時間や勇気がないからといって、不安な行為や心配な症状に目をつむってしまうのは、のちに辛い症状や不妊症、子宮頸がんなど深刻な病態に進行してしまいます。

それならば、せめて郵送検査で病気があるかないか、子宮頸がんに関係するウイルスに感染しているかいないかだけでも一度調べておきましょう。何もなければ安心できますし、何か見つかってしまったら病院に行く勇気を持っていただけることでしょう。

のどにも性病があることを知っていますか?

オーラルセックスの浸透によるのど(咽頭)感染の広がり

近年、オーラルセックスは広く浸透し、アイラボの性感染症相談からは女性で90%以上、男性でも75%以上は日常的に行われているようです。

従って、パートナー間に性感染症が持ち込まれた場合、クラミジアと限らず全ての性病がのど(咽頭)にも感染している可能性が高くなっています。

咽頭感染の症状

のど(咽頭)がクラミジアなどに感染した場合、すこしのどがイガイガするといった症状が出る場合もありますが、全く出ない事があり、検査をして初めて発覚するケースも少なくありません。

のど(咽頭)の奥の方の粘膜内に入り込んでしまったクラミジアなどの病原体は薬もなかなか行き届かないようで、治療にも時間がかかってしまうことが多いようです。早い段階で見つけましょう。


ところで、子宮頸がん検査を受けたのは、どれくらい前ですか?

子宮頸がんは他のがんとは違い、がん化の原因がHPV感染と解明されています。しかも細胞が「がん化」する前の、つまりHPV感染の段階で見つけることが可能です。この段階で検査を受けて、ウイルス感染が見つけられれば、がんになるよりずっと前の段階から手を打つことができるのです。

サイエンスは子宮頸がんに追いつきました。

HPV自体はごくありふれたウイルスで、多くの女性が一生に一度は感染すると言われています。しかし、自覚症状は全くないので、定期的に検査を受けることが大切です。

1回の採取で、性病の検査も子宮頸がんの検査も受けることができますキットです。

心配な時はまず無料電話相談をご利用ください

子宮頸がんや性病が心配になったらまず無料電話相談

042-652-0750 (10:30〜18:00土曜祝日を除く)

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら