ヘルペス 検査

  

ヘルペスの検査

分離培養法、蛍光抗体法、イムノクロマトグラフィー、核酸検出法、血清抗体法など色々な検査方法があります。

水疱や潰瘍からの分泌物やぬぐい液を用いての検査なので、症状がないときは検査は基本的にできません。

ヘルペスかな?と思う症状があったら、症状があるうちに病院に行きましょう。

病院で検査する場合

明らかな症状がある場合は病院を受診しましょう。

男性は泌尿器科/性病科女性は婦人科/泌尿器科/性病科で診察を受けましょう。

郵送検査をする場合

アイラボでは、職員全員が細胞検査士です。顕微鏡で細胞を見て、写真のように感染した特徴的な所見をとらえて診断します。

しかし、潰瘍の部分から細胞を取ってくる必要があるので、検査を受ける人にはかなりの痛みが伴います。このため、自分で検査するのはなかなか難しい検査です。

症状がある場合は病院に行って、医師に採取してもらいましょう。どうしても病院に行けない人はご相談ください。

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら