C型肝炎試作

  

C型肝炎について

C型肝炎ウイルスHepatitis C virus (HCV)は、HCV感染者の血液を介してヒトからヒトに感染します。HCV感染は、HBVと同じように一過性の感染と持続感染があります。

症状を呈すものでは、感染してから2週間~5ヶ月の潜伏期を経て急性肝炎を発症します。

30%は自然に治癒しますが、70%は慢性肝炎(キャリア化)します。HBVと異なり、成人でも持続感染化(慢性化)する理由としては、HCVがヒトの免役機構から逃れるためにウイルス表面が変異を繰り返すためと考えられています。慢性化したケースでは20‐30年の経過を経て肝硬変に移行し、更に肝がんへ進む危険性が高いのもC型肝炎の特徴です。

C型肝炎の症状

  • 倦怠感(けんたいかん)、だるさ
  • 食欲不振
  • 黄疸(おうだん)

C型肝炎のうつる原因・経路

  • C型肝炎ウイルスHepatitis C virus (HCV)というウイルスがC型肝炎の正体
  • 性行為からの感染
  • 医療従事者の針刺し事故からの感染 輸血や血液製剤による感染
  • 母親からの母子感染
  • 入れ墨やピアスの器具、カミソリからの感染
 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら