C型肝炎 治療

  

C型肝炎の治療

C型肝炎の治療目的は、肝がんの発生を防ぐことと、この病気での死亡者をなくすことですので、個々の患者にあった治療方針を選択することが重要です。

1.抗ウイルス療法

インターフェロンは生体にウイルスなどの異物が侵入すると、サイトカインという物質に刺激されて出現し、ウイルスの増殖を抑え(抗ウイルス作用)、マクロファージを活性化して免疫の働きを制御し、がんなどの腫瘍細胞が増えるのを抑えます(腫瘍増殖抑制作用)。

従って、HCVの増殖を抑え、肝がんの発生を阻止する働きがあるため、最初の治療法としては最も期待されます。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら