淋病 治療

  

淋病の治療

1. セフトリアキソン(ロセフィン)

  • 点滴により静注投与
  • 一回の治療で効果がある
  • 咽頭(のど)の感染にも同じ効果がある

2. スペクチノマイシン(トロビシン)

  • 点滴により筋肉投与
  • 一回の治療で効果がある

などがあります。

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

抗生物質や抗菌剤による治療は『菌を殺す』『菌を増やさせない』だけでなく、炎症を抑える働きもありますので、症状がなくなったからと言って全ての菌がいなくなった(完治した)とは限りません。必ず完治確認検査をしましょう。

薬の服用を始めてから3週間から4週間経ってから完治確認検査を受けましょう。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら