風俗関係の方へ

風俗店で働く者にとって、性感染症(性病)は職業病

kensa02風俗店で働く者にとって、性感染症(性病)は職業病です。

職業病の多くは、自分自身に降りかかる火の粉ですが、性感染症(性行為でうつる病気)は自分だけでなく、お客様やその家族まで火の粉が飛んでいく厄介な病気です。

火の粉が出るのを未然に防ぐ努力(性感染症予防)と、出てしまった火の粉を早いうちに消し止めること(性感染症蔓延防止)はこの仕事に従事する者の義務です。

アイラボは、「性感染症蔓延防止」に取り組む小さな会社ですが、3名の日本性感染症学会認定士が在籍しています。

RED CIRCLE FOR STOPPING STD!!

皆さんで協力して、レッドサークルの輪を広げ、安心できるサービスの向上を目指しましょう。

お店

キャストの健康を管理して、お客様に安心してサービスを楽しんでいただける環境を提供。

キャスト

感染防止の知識習得と定期検査で自分自身での健康チェック、健康管理を目指す。

アイラボ

感染防止のための教育、検査の提供、キャストとお客様の悩み相談を提供。

お客様

安心して受けられるサービスを楽しみながらも、不安になった時には相談の場を提供し、必要に応じ即日 or 翌日検査、クリニックのご紹介。お店に性病を持ち込まないお手伝い。


風俗店向け定期検査実施証明書の発行

アイラボの定期検査を着実にご利用頂いている風俗店様には、従業員の検査実後、定期検査実施証明書の掲載URLをお知らせ致しますので、御社HPにアイラボの『STOP STDバナー』をお貼りください。

契約ご希望の風俗店様はこちらまでお問い合わせください

キットの特徴

検査内容:淋病・クラミジア・細菌性膣症・トリコモナス・カンジダ・咽頭淋病・咽頭クラミジア

性感染症のチェックだけではなく、お客様に不快感を与えない配慮も重視しています。

それは、細菌性膣症の検査の提供です。なぜなら、細菌性膣症はお客様にとても不快を与える嫌な臭いがするからです。

また、カンジダ症はオリモノの量が増えると決して気持ちの良いものではありません。

*三ヶ月に一度の血液検査は、HIVと梅毒を調べます。
*六ヶ月に一度、子宮頚がん検査を推奨しています。

定期検査で最も重要な事

ちゃんと採取されているか? ちゃんと採取したか?

アイラボの検査では「ちゃんと採取されているか」必ずチェックしていますので、取れていないから「陰性」なのではなく、本当に感染がないから「陰性」なのです。

膣炎があるか? 咽頭炎があるか?

膣炎があるか? 咽頭炎があるか? を必ずチェックしていますが、 なぜでしょうか?
検査の対象になった全ての項目が「異常なし」であっても。「炎症がある」場合他の感染症が潜んでいる可能性が高いからです。その代表が「マイコプラズマやウレアプラズマ」です。今や、淋菌やクラミジアをしのぐ勢いで感染者が増えているからです。

アイラボの風俗従事者特別無料相談

風俗で働く人の中には精神的に不安定な状態に陥っていることも少なくありません。

精神面のフォローまでの対応は難しいのですが、極度に性感染症の心配に落ち込むケースがあります。「定期検査までに時間があるのですが、おりものが急に増えてきたので検査したいのですが?」「HPVの感染が心配で毎日眠れません」「HSIL=高度異形成と診断されたのですが、お医者さんは3ヶ月後に来て下さいというのですが、それでよいのでしょうか?」
「お付き合いしている彼にトリコモナスをうつしてしまった可能性があるのですが」などなど、相談の内容はいろいろあります。
このように、定期検査を受けている人には“Be with you =あなたと一緒”の関係で特別無料相談で対応させて頂いています。

こんなうれしいお手紙も

 

性感染症予防講演は交通費のみのご負担でお受けしておりますので、お気軽にお申込み下さい。また、性感染症蔓延防止のための定期検査をお受けしております。定期割引サービスも実施しておりますので、こちらについてもお気軽にご相談下さい。

性感染症予防講演のお申し込みはこちら

定期検査をしていれば安心か?

決して安心とはいえません。

定期検査は「お客様に病気をうつさない」ためだけでなく、「自分自身の健康を守る」ためにも必要なのです。あらゆる性感染症(性病)と日々向き合っている事の危険性をしっかり認識すべきです。この仕事をするからにはプロ意識に徹するべきです。性感染症の事を知り、その対策のプロになって下さい。
「検査をしていれば安心!」ではなく、「病気にならないためにはどうしたらよいか」を考えましょう。
「目に見えないウイルスやバイ菌と接する仕事」であることを常に認識するためにも、性感染症予防の知識や厳しすぎるぐらいの定期検査が必要です。

団体でも個人でも定期検査を希望される場合はアイラボにご相談下さい。

お問い合わせはこちら


本サイトに掲載をご許可いただいている弊社定期検査実施中の法人様

 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら