メールで相談
(24時間受付)
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

検査結果
ログインが必要です
お電話での無料相談042-652-0750(月〜金・日 10:30〜18:00 土・祝休)

メールで相談
(24時間受付)

検査結果
ログインが必要です

ハイリスクHPV感染について

HPVはHuman Papilloma Virus (ヒューマンパピローマウイルス)というウイルスでその型は100種類以上あることがわかっています。

全てのHPVの型ががんを起こすのではなく、人体に害を及ぼさずに人間の免疫力で消去出来るので危険がないものがほとんどです。おそよ90%の人は、一生のうちに一度は何かしらのHPVに感染しているとまで言われています。そして感染した人の約90%は免疫力により知らない間にHPVを排除しています。

しかし、ハイリスク型のHPVが人間の体に及ぼす影響は少し違ってきます。

16型や18型といったハイリスク型のHPVは、人間の免疫力によって排除されにくく、よって持続感染(じぞくかんせん:ウイルスが長く居座り感染し続けていること)をしやすくなり、正常の細胞ががん細胞へと変化をはじめてしまいます。

最近の学会発表では16型と18型は特にスーパーハイリスクと言われ、発見してからフォローアップや円錐切除などの治療をしても、再発してがんになってしまう割合がほかのHPVに比べて高いとの報告もありました。HPVワクチンには必ず16型と18型は含まれているので、HPVワクチンの効果が期待されています。

HPV=子宮頸がんというイメージがありますが、今や子宮頸がんだけでなく、咽頭がんや陰茎がんの原因の一つであることもわかってきています。

子宮頸部や咽頭の内部の弱い組織と違い、陰茎の組織は皮膚と同じ強い組織でできています。それなので、HPVの持続感染はしにくく、子宮頸がんや咽頭がんと比べ発症しにくいと言われています。でも、発症しなくともウイルスを保有することはできるので、相手の子宮頸部や咽頭に感染させてしまうことは可能です。

女性を子宮頸がんから守ることはもとより、オーラルセックスによる咽頭がんからお互いの身を守ること、カップルとしてお互いの命を守れるがんから守る為に、HPV検査の重要性は高まっています。

HPV検査キットのご紹介

一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
一人で悩まず、まずはアイ・ラボに電話で相談!お電話は042-652-0750まで
Scroll Up