子宮頸がん・HPV

子宮頸がん細胞診判定の意味と臨床期(進行期)分類

子宮頸がん(扁平上皮癌)細胞診判定:ベセスダシステム

細胞診 判定基準

*NILM(ニルム): 正常、炎症、感染症、萎縮性膣炎などの良性

*ASC-US(アスカス): HPV感染が疑われる細胞がみられる→この診断の時は要HPVハイリスク検査

*LSIL(ローシル): HPV感染が見られるが細胞の変化は軽度である(軽度異形成)

*ASC-H(アスクエイチ):HPV感染が見られ、HSILが疑われる細胞の変化がみられる

     ↑↑↑  ここまではHPV感染の状態でがんではない  ↑↑↑     

*HSIL(ハイシル):細胞の変化が中等度から高度(中等度から高度異形成)、上皮内癌(臨床期分類0期)、微小浸潤癌(臨床期分類Ia期)を含む前浸潤癌病変

     ↑↑↑  ここまではまだ子宮も救えるし妊娠も可能なことが多い  ↑↑↑     

*SCC(エスシーシー):扁平上皮癌(臨床期分類のIb以上)

子宮頸がん臨床期(進行期)分類

子宮頸がん臨床期分類

0期、Ia期は子宮頸部円錐切除(えんすいせつじょ)術での処置が多く、ほとんどの場合で処置後に妊娠、出産は可能です。

0期:上皮内癌。がん細胞が上皮内にとどまっている。

Ia期:微小浸潤癌。がん細胞が基底膜を超えて浸潤が始まっているが、5mmいないの浸潤

Ib期以降は浸潤癌(しんじゅんがん)なので、子宮を残すことは難しくなってきます。

Ib期:5mm以上の浸潤が見られるが、腫瘍は子宮頸部内にとどまっている。

II期:子宮頸部よりも腫瘍が広がっているが、膣壁の下部1/3には達していない。

III期:腫瘍が子宮の下部1/3に達している。骨盤壁まで達していることもある。

IV期:腫瘍が膀胱や直腸、肝臓など他の臓器に転移している。

 

子宮頸がんについてもっと詳しく知りたい方はこちら、子宮頸がんについてをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら