性病

風俗はそんなに間違っているの?

風俗の第一印象って、どんな感じでしょう。

性病、怖い、不安、、、

でも、この前知り合いのデリヘルに検査のことで打ち合わせに行った時にとても素敵な話を聞きました。

それは、障害を持ったお客様からの感謝のメールでした。

その男性は生まれつきの障害から家を一人で出ることもできず、もちろん彼女もできず、毎日寂しく過ごしているそうです。でも、心は立派な男性。もちろん男性としての欲求や気持ちもしっかりしています。それで利用しているのが、このデリヘル。

彼は来てくれる女性に励まされ、元気をもらい生きる力にしているそうです。彼女らの優しい対応で、すごく救われているそうです。そして、毎回そのようにお礼のメールをくれるそうです。

性の問題は、体が不自由だから諦めなければいけないこと、ではないのですね。以前の歳をとってもエッチはしたいという記事と同じく、周りの決めつけで我慢をしたり、諦めたり、おかしな目で見られたりされてしまうことは間違っていることなんだと実感しました。

それぞれの環境においてのニーズやウォンツを偏見を持たずに、もっと受け入れていける世の中になって行くといいですね。

そして、こういうサービスがもっと受け入れられるためにも、風俗店の徹底的な性病管理の強化が今後必須になって行くべきなのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら