検査士ダイヤリー

カンジダは性病?

カンジダ かゆい 性病 検査

かゆい、おりものがきになる、不快だけど人に言えず悩んでいませんか?かゆい、って調べたら、カンジダかも、という検索結果がいっぱい出てきて、どうしよう!と思っていませんか?

この時期、湿度も上がってきて、特に女性は何かと不快な症状が増えてきます。そんな時は、みなさんどうされているのでしょうか?

カンジダは性病ですか?!?!

婦人科に行かなくてはいけない。妊娠ではない、悪いものでもない、ということは性病しかない、と思いがちですよね。でもそんなことはないのです。

カンジダの正体は酵母カビの一種で、性感染症ではありません。風邪、ストレス、寝不足、疲労、妊娠などで体力が落ちた時に症状がでます。中でも風邪、膀胱炎、淋菌、クラミジアの治療で抗生物質を服用した後にカンジダ症になることが多いです。

女性に多い病気で、膣や外陰部に発症します。夏に通気性の悪い肌着や服を着ていることで起きたりすることもあるようです。

妊娠した時は膣や外陰部に糖分が増える(乳酸菌を増やして他の菌の増殖を防ぐ)ため、それを栄養源とするカンジダにとっては好都合の環境となって発症します。

カンジダはかゆいだけじゃない

カンジダといえば、かゆいというのが誰もが知っている症状だと思います。でもそれだけではありません。女性では、外陰部や膣の“かゆみ”と“白色のオリモノの増加”が典型的な所見ですが、痛みや、セックスの時に痛みを感じることもあります。

オリモノの色は白色が一般的で、酒カス、おかゆ、ヨーグルト、豆腐をつぶしたような状態などなど様々です。また、炎症を伴うと嫌な臭いになります。

男性では、感染していても症状を呈することは極めて少ないです。亀頭炎ではかゆみを伴いますが、HPV感染など他の感染症との鑑別はむずかしいです。時に冠状溝周辺や亀頭部分に発赤を生ずることがあります。男性で最も多いのは亀頭炎ですがまれです。

カンジダが怪しい!と思ったら、カンジダだけ検査すればいいというわけではありません

おりものにおい検査外陰部のかゆみはカンジダだけでなく、トリコモナス、細菌性膣症、性器ヘルペス、HPV感染の初期など、多くの感染症で現れます。心配な症状があったら、まず総合的な検査である「おりものにおいの検査」をお勧めします。

かゆい、おりものがひどい、においがきになる、など悩んでいるあなた。一度検査をして、安心してください。もし何か見つかっても、怖がることはありません。しっかり治療を始められる第一歩です。

私たちの「おりものにおいの検査」は、あなたのように人に言えない不快感で悩んでいる方々に早くその悩みから解放されて、安心してほしいと思い、この総合検査をお勧めしています。

自分で検査なんて怖い?大丈夫です。タンポン型の優しい簡単な採取器具で自分でしっかり採取ができます。あとは私たちにお任せください。しっかりと丁寧に検査いたします。

悩んでいるなら、今直ぐその悩みから解消されましょう。検査について、不安なことや質問があったら、今直ぐ相談に乗りますから、お電話くださいね。

アイラボ無料電話相談:042-652-0750

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら