性病

性病の心配、ネットの情報、アイラボの無料相談

5c3c77f3e16cd7aecd56419a80be6016_s

ネットでいろいろな情報をみて、本当なのか嘘なのか、誰が書いたかもわからない記事を見ては不安になる、そんな経験はありませんか?実際私もあります。

調べれば調べるほど、その不安が強くなってしまうのです。でも、病院に行く勇気もなく、このまま一生治らないのではないかと、不安は高まるばかり。

ネットで読んでも、よく理解ができないし、納得のできる答えは見つからない。よくわからないからこそ、また不安になって、また別のサイトを見る。

怖いから、検査だけでもしてみようかと思っても、どの検査をしたらいいかわからない。

だから、アイラボの無料相談がとてもありがたい、そういうお声を最近多くいただきます。

そういう不安を持つ皆さんに、寄り添うことこそがアイラボの信念です。

Be with you…

アイラボは、皆さんの不安を取り除くことが一番の目標です。そして、性病や子宮頸がんの撲滅が可能であると信じています。

電話をとって、誰かに打ち明けるのは怖いことです。でも、よくわからない情報だけで、一人で悩んでいることの方が、もっと辛いと思います。私たちにあなたの顔は見えません。でも、心の声は聞こえてきます。

電話相談をしたら、高い検査をいろいろと進められるのではないか、そんな不安もあるでしょう。

確かに、心配事があってご相談させるわけですから、心配な症状、心配な行為があってですので、検査を勧めることは多々あります。でも、無駄な検査は進めません。あなたの心配事を解決する最短で無駄のない検査をお勧めします。

例えば、風俗に行ってしまった、という心配の時はまず、男性用のスターターキットをお勧めします。これは咽頭と尿道の淋病とクラミジアを調べる検査です。この検査をすることによって、70%以上の人は解決します。その結果が、淋病であろうと、クラミジアであろうと、何もなかったであろうと。

残りの30%は、非リン菌性、非クラミジア性尿道炎というもので、淋病でもクラミジアでもないのに、オシッコすると痛いという症状があったり、症状はないけど顕微鏡で見た上で炎症が強いと言う方です。

こういった場合、マイコプラズマやウレアプラズマという感染が考えられるので、それではその検査を追加しましょうという提案をさせていただきます。ほとんどの場合、また検体を採取する必要はありません。前に撮ったものの残りで検査ができます。

一見、「また検査を買わされる!」と感じるかもしれませんが、でもこういったステップを踏むことによって70%の人は無駄にマイコプラズマの検査をしなくても、しっかりと診断・解決できていますし、30%の人はマイコプラズマ感染の有無がはっきりすることにつながるのです。

それでは、マイコプラズマも検査したけど出なかった!ということは?それは、その他の性病と認識されている菌以外の雑菌の感染が原因で、性病ではなかったということになります。(その場合は病院に行って培養して原因菌をしらべてもらいましょう)

性病なのでは、、、という不安については、解消できましたよね。

女性で多い悩みは、おりものやにおいの悩みです。そういう女性には、女性のスターターキット、おりものとにおいの検査をお勧めします。

風俗で働いてるから心配、、、という女性には膣と咽頭のSTDチェックを定期的にすることをお勧めしています。風俗でのお仕事はお口でのサービスが多いですよね。だから、喉の検査も大事です。

アイラボの無料相談は、こうやってあなたの心配事によって勧める検査を選んでいきます。

最初から最後まであなたの不安に寄り添い、一度も顔を合わすこともなくても、それでもあなたが納得して安心できるまで、お付き合いいたします。

勇気を持って、不安な時はアイラボにお電話ください

btn_soudan_free

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら