尖圭コンジローマ 治療

 

尖圭コンジローマの治療

1. イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム)を塗る

  • 1日おきに週3回薬を塗り、6〜10時間後に石鹸で洗い流す
  • 最長16週間治療が続くこともある
  • 塗った部分が赤くなる副作用がみられる

2. その部分を凍らせる凍結療法

  • 液体窒素を含んだ綿棒を数秒間、数回押し当てて凍結壊死(とうけつえし:その部分の細胞が死ぬこと)させる
  • 痛みはあるが麻酔は必要のない程度
  • 小さなイボにのみ効く
  • 数週間かかることもある

3.レーザーによる外科的療法

  • 外科的にその部分を切り取ってしまう方法
  • 局所麻酔が必要
  • 治癒は早いが手術扱いになる

などがあります。

3ヶ月以内に25%の症例で再発するため、治療後3ヶ月まではきちんとフォローアップを受けましょう。

(日本性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016参照)

 

 不安な時はアイラボの無料電話相談

 

 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら