クラミジア感染:男性

男性の尿道炎について

男性の場合、淋菌が検出されない尿道炎「非淋菌性尿道炎」が約70%を占めますが、その中で淋菌もクラミジアも検出されない「非クラミジア性非淋菌性尿道炎」が30%-50と言われています。

その、非クラミジア性非淋菌性尿道炎で最も注目されているのはマイコプラズマとウレアプラズマです。

これらの感染症について、日本ではあまり重要視してこなかった経緯があり、診断や治療が欧米に比べて遅れている現状があります。また、治療してもなかなか治らないという多くの声があり、今後注目されていく病気の一つと思われます。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎と診断された時は、マイコプラズマやウレアプラズマの検査を積極的にされることが重要です。

アイラボでは、マイコプラズマやウレアプラズマに注目し、2013年より性感染症検査の一つに加えました。

これまでにマイコプラズマやウレアプラズマの検査した数はまだ少ないのですが、検査した人からの検出率は65%程に達しています。これから注目される性感染症になると思われます。

不安のことがあったら是非アイラボの無料電話相談をご利用ください。日本性感染症学会認定士があなたの悩みをお聞きします。

クラミジアトップに戻る

 

ページ:
1 2 3

4

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら