クラミジア感染:男性

軽い尿道の痒みや不快感を感じる場合も

分泌物(うみ)を確認する際はできれば朝、排尿前に尿道に溜まった分泌物をとって調べるのが望ましいでしょう。

検査を受ける際にも同様に朝の排尿前に採取するほうがクラミジアの数も多く、より正確な結果を得ることが出来ます。

もし、それが難しい場合も、排尿後数時間空けた後の初尿を採取することが大切です。初尿と中間尿の違いを再度確認しましょう。

郵送検査では自分で採取を行うので、初尿を採取することが可能ですが、病院で検査を行う場合は安易に中間尿を採取してしまわないよう注意して下さい。

検査 しょにょう 中間尿 尿検査の仕方 初尿

次のページ:男性の尿道炎について

クラミジアトップに戻る

ページ:
1 2

3

4
性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら