クラミジア感染:男性

男性性器クラミジアの感染の仕方

陰茎や亀頭部分は皮膚と同じ重層扁平上皮(じゅうそうへんぺいじょうひ)で覆われていますので基本的にその部位の感染はしないとされています。

従って、初期の感染部位は尿道内の粘膜上皮細胞で、約3日のサイクルで増殖、放出が繰り返され、尿道全体に感染が広がっていきます。

感染経路としては尿道口入り口にクラミジアが付着することですので、ゴムなしのセックスは勿論のこと、フェラやスマタという行為も感染の危険性があります。

感染を予防するためには、それら行為の前からコンドームを正しく装着することですが重要です。

次のページ:風俗はお口でのサービスがメインです

クラミジアトップに戻る

ページ:

1

2 3 4
性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら