クラミジア感染:もっと詳しく

感染の原因

クラミジアは、直接接触することで感染します。
あなたは心配な行為はありませんか?

クラミジアは、口と口、口と性器、性器と性器が直接接触することで感染します。

クラミジアはオーラルセックスで咽頭にも感染します

近年、オーラルセックスは年齢に関係なく概ね90%以上の人が日常的に行っているため、咽頭(のど)にクラミジアが感染するケースが増えています。従って、性器だけに目が向けられがちですが、性器の検査で陰性(クラミジアが検出されない=クラミジアに感染していない)であっても安心とは言えません。

口だけでのお仕事だから、口だけのサービスを受けたから、大丈夫。そう思っていたら大間違いです。

心配になっても、あなたは一人ではない。専門家がついています

危険な行為をすると不安になり、ネットで調べたことを勝手に解釈して、色々な病気を心配してしまいます。そして、必要もない高額な性病検査をしてしまう人が大勢います。あなたは大丈夫ですか?

先ずは専門家に適切なアドバイスを受けましょう。

アイラボ 無料電話相談

クラミジアや淋菌の検査には尿道炎や膣炎、咽頭炎の有無を調べることが重要!

尿道、咽頭、膣の淋菌やクラミジアの検査でクラミジアも淋菌も検出されないのに尿道炎、膣炎、もしくは咽頭炎(白血球が増えている)が見られることは少なくありません。

男性の症状のところでお話をした、“非クラミジア性非淋菌性尿道炎”と診断された時は、マイコプラズマやウレアプラズマの検査を積極的にされることが重要です。

このような結果が出た時、アイラボではマイコプラズマチェックをお勧めしています。詳細は性器マイコプラズマ感染症をご覧下さい。

クラミジアの蔓延

女性性器にクラミジアが感染した時、比較的症状が乏しいため、男性に比べて気づくのが遅いことがあります。検査をしなければクラミジアに感染していることが分からないまま何年も経過することになります。

近年、風俗店ではオーラルのサービスが主流になっていますが、のどに感染している場合も症状が乏しく、発見を遅らせる原因になっています。蔓延防止策は定期検査以外に方法はありません。 

 

クラミジアトップに戻る

ページ:
1 2 3 4 5

6

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら