クラミジア感染:もっと詳しく

クラミジアに感染している人はHIVに感染する危険性が5倍になるって本当?

私が言い出したことではありませんが、“すごい発言”と感銘を受けました。

なぜかというと、女性性器の場合、子宮の入り口に扁平上皮化生という活きのいい細胞が露出しています。クラミジアはこの細胞が大好きで、この細胞に入り込んで増えるのです。そうすると、感染した部位(組織)にはリンパ濾胞(リンパ球の集まり)ができるのです。HIVはリンパ球が大好きで、リンパ球に入り込んで増殖します。

つまり、クラミジアに感染していると、HIVが入り込みやすい細胞がたくさん集まってくるため、危険性は5倍になるというのでしょう。5倍か10倍かはさだかでありませんが。不特定多数の人と接触することの怖さがこんなところにもあるんです。

次のページ:非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは?

クラミジアトップに戻る

ページ:
1 2 3

4

5 6
性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら