クラミジア感染:もっと詳しく

クラミジアとはどんな病気か

  • 感染者数No.1
  • 気付きにくい
  • 10~20代に多い
  • 不妊
  • HIV危険度5倍
  • 突然激しい痛み
  • 産道感染


性感染症(性病)ナンバーワン!10~20代の感染者数が最も多く、自覚症状がない場合も

クラミジアとは?

一般にクラミジアと呼ばれる病原体は、クラミジア トラコマチス(Chlamydia trachomatis)といい、直径0.3ミクロン程の細菌の仲間です。膣や子宮、男性の尿道、そして咽頭(のど)に住み着き、性行為による直接接触性の感染を起こします。

具体的にはコンドームなしの性行為により、男性の尿道分泌物から女性の性器に、女性の性器から男性の尿道に感染します。最近、オーラルセックスの流行によって、性器から咽頭(のど)に感染するケースが増えています。

次のページ:クラミジアの歴史は目のトラコーマから

クラミジアトップに戻る

ページ:

1

2 3 4 5 6
性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら