子宮頸がん 治療

  

子宮頸がんの治療

1. 経過観察

HPV感染が見つかってもすぐに治療が必要なわけではありません。まだ、ウイルス感染の状態であれば、細胞ががん化していかないか、ハイリスク型のHPV感染の持続感染がないか、の経過観察をしていきます。

2.円錐切除

子宮の入り口のHPVが感染した部分のみ切り取る手術です。子宮の内部を傷つけないので、将来妊娠することも可能です。この処置で済むように早期発見ができれば、命だけでなく子宮も守ることもできるのです。

そのほか、検査の結果によって治療方針が決められていきます。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

 

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら