子宮頸がん 検査

  

子宮頸がんの検査

検査のタイミング

20歳を過ぎたら、できれば毎年、少なくとも2年に一回は子宮頸がん検査を受けましょう。なぜなら、子宮頸がんのことを、欧米ではマザーキラーといって、子育て中の若いお母さんを襲うがんとして知られているからです。日本でも20-30代の若い女性で増加しています。

毎年、お誕生日の月に検診を受けに行く、など検査する月を決めておくのもいいですね。

検査方法

子宮頸がんに関する検査は以下のようになります。

  • 問診:最近の症状などを聞く
  • 視診:クスコという器具で膣を広げオリモノなどの状態をみる
  • 内診:指や手で腫物があるか触診する
  • 細胞診:クスコという器具で膣を広げ、綿棒やブラシで細胞を採る
  • コルポ診:コルポスコープという拡大鏡で子宮の入り口を観察する
  • 組織診:細胞診やコルポ診で異常が見られると組織の一部を採取して詳しく調べる

一般的に、「子宮頸がん検査」は細胞診検査のことを言います。

子宮頸がん細胞診判定の意味

NILM(ニルム): 正常、炎症、感染症、萎縮性膣炎などの良性

ASC-US(アスカス): HPV感染が疑われる細胞がみられる→この診断の時は要HPVハイリスク検査

LSIL(ローシル): HPV感染が見られるが細胞の変化は軽度である(軽度異形成)

ASC-H(アスクエイチ):HPV感染が見られ、HSILが疑われる細胞の変化がみられる

     ↑  ここまではHPV感染の状態でがんではない       

HSIL(ハイシル):細胞の変化が中等度から高度(中等度から高度異形成)、上皮内癌(臨床期分類0期)、微小浸潤癌(臨床期分類Ia期)を含む前浸潤癌病変

     ↑↑↑  ここまではまだ子宮も救えるし妊娠も可能なことが多い  ↑↑↑     

SCC(エスシーシー):扁平上皮癌(臨床期分類のIb以上)

AGC(エージーシー):腺細胞の異常

細胞診検体の採取は、産婦人科医が子宮の入り口(子宮膣部や頸部)をブラシや綿棒で擦って採取するのが基本ですが、病院での採取が苦手な人は自分で採取して調べる方法もあります


どちらの方法でも、採取した検体は細胞診という技術(顕微鏡で細胞を観察する方法)で、異常な細胞があるかどうかを調べます。

アイラボでは独自の検体の処理方法を開発し、より多くの細胞を観察することによって、異常のある細胞の発見率を上げています。

また近年、遺伝子検査の普及に伴い、子宮頸がんの原因になるハイリスク型(危険な)HPVの感染があるかどうか調べるHPV検査も徐々に広まりつつあります。


病院で検査する場合

医師採取に抵抗がない方は産婦人科を受診しましょう。

郵送検査をする場合

はっきりした症状はないが心配、病院に行くのが恥ずかしい、時間がないという方は郵送検査キットが便利です。プライバシーを守りながら自分で、自宅で、簡単にできる性病検査です。

郵送検査3条件

ちゃんと採取できているかの確認をしてくれるか? 
炎症があるかどうか診てくれるか? 
検査後の相談にのってくれるか? 

を明記した性病検査キットを選びましょう。



アイラボの郵送検査は自宅で簡単、安心、高精度



女性採取器具

膣内で加藤式採取器具が細胞を採取する様子

 

 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら