子宮頸がん サイエンスががんを超えた?

サイエンスががんを超えた?

子宮頸がんは他のがんとは違い、がん化の原因がHPV感染と解明されています。しかも細胞が「がん化」する前の、つまりHPV感染の段階で見つけることが可能です。この段階で検査を受けて、ウイルス感染が見つけられれば、がんになるよりずっと前の段階から手を打つことができるのです。

サイエンスは子宮頸がんに追いつきました。

HPV自体はごくありふれたウイルスで、多くの女性が一生に一度は感染すると言われています。しかし、自覚症状は全くないので、定期的に検査を受けることが大切です。

検査さえ受けていれば命はもちろんのこと、子宮を失わずに済む段階で見つけられるようになったのです。

「子宮頸がん」に戻る

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら