カンジダ 治療

  

カンジダの治療

1. 自然治癒

カンジダが発見されたとしてもすぐにカンジダ症と診断してお薬を使って治療するとは限りません。

清潔にして休養をとるなどして、自然治癒を試みることが多いようです。

それでも痒みやその他の症状が強かったり、おりものが増えるなどの症状が出た場合に治療の対象になります。

カンジダの治療法2.通院でのの連日投与

  • イミダゾール系(エンペシド膣錠1日100mg、フロリード膣坐剤1日100mg、バリナスチン膣錠1日100mg、オキナゾール膣錠1日100mgなど)
  • 1週間の治療をして効果を見る

3.週一回の膣錠

  • バリナスチン膣錠一回600mg、オキナゾール膣錠一回600mgなど

その他、経口薬や塗り薬も使用されることもあります。

(参照:性感染症学会 性感染症 診断・治療ガイドライン2016)

カンジダ 完治確認 検査 郵送検査症状がなくなってもまだカンジダは残っているかも。完治確認検査は大事です。症状がなくなったからと言って全ての菌がいなくなった(完治した)とは限りません。必ず完治確認検査をしましょう。

 不安な時はアイラボの無料電話相談

不安なことがあったらアイラボの無料電話相談にお電話ください。日本性感染症学会認定士が相談にのります。

  

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら